家持同性愛説2007/07/19 00:29

 柏崎に地震があった日に、私は山小屋から帰る途中で、車を運転していたので地震を知らなかった。テレビなどでその様子が伝わってきたが、古い家とお年寄りの被害が目立つ。それにしても、古い家でもないのに、何で原発が地震で被害を受けるのだろう。普通の家は壊れずに残っているというのに、地震に耐えうると何度も強調してきた原発があんなに地震に弱いとは、日本の建築技術の問題というよりは、何かを隠しながらものごとを進めてきた体質がこのような形になって現れたということか。年金問題と同じような気がする。

 月曜は、小淵沢の店に寄って、学生への副賞に出すペイパーウェイトを20個受け取った。一個一個揺れるとみんな鐘の音がする。それから、中央高速で帰り、途中釈迦堂のサービスエリアに立ち寄り、釈迦堂の博物館に行った、サービスエリアから歩いて7分くらいでいける。ここは二度目である。中央高速を作るときに遺跡の発掘が行われ、縄文時代中期の土偶が1000個以上出てきた。日本の土偶の出土数からすると、圧倒的にここが多い。しかも、個々の土偶はみんなバラバラに壊されていた。どうやら、人為的にバラバラにされたらしく、部分部分は意図的にあちこちに埋められている。

 これは何故かという解釈はいろいろあるが、東南アジアのハイヌヴェレー神話や、古事記のオオゲツヒメ神話から説明するのが一般的になっている。土偶は女性であり、妊婦の形のように下半身がふくらんでいる。壊して埋めることは、豊穣を祈る行為であり、死と再生という意味合いがある。

 火曜は会議日で一日会議。今日は、ペーパーウェイトを運ぶので車で通勤。夕方もと岩波の「世界」の編集者で、大学で文章表現の授業を受け持ってもらっているU氏が訪問。授業の様子をいろいろとうかがった。学生が神保町の古本屋に行って事がないというので、古本屋巡りをさせレポートを書かせたことなど楽しく語ってくれた。この後どこか行きませんかと飲みに誘ってくれたが、あいにく車で来ていて、しかも、仕事も山積、お断りした。

 夏の雲南調査旅行の打ち合わせを電話でしているうちに、どうも、少数民族の農家に4日間泊まることになっているということを知った。日本からは二人で行くのだが、もう一人に、それは無理だよと話した。農家には宿泊の設備はない。だいたいトイレもない。ダニなどの虫も多い。私も今までさすがに農家で泊まったことはない、一泊くらいなら何とかなるが4泊は無理である。若くて体力があればいいが、この歳になってはきつい。何とか近くの町の招待所でいいから捜すように頼んだ。

 千字エッセイの審査を今行っている。明日には発表だ。とても力作が多い。正直みんな文章が上手くなっている。

 呉哲男の、大伴家持関係の論文を昨日から読んでいる。家持の交友について論じている。大伴家持と大伴池主との贈答歌は恋愛を装うものだが、二人は同性愛だと言い切ったとても刺激的な論で、一時話題になった。むろん、たくさんの反論があった。

 今読み返してみると、ホモセクシュアルな関係というよりは、ホモソーシャルな関係という理念で論じたかったのだろうと思われるのだが、そこのところでやや曖昧になっているのがよくわかる。ホモセクシュアルとまで言うと、個人の深い内面もしくは性癖の問題になるが(社会的には当たり前だから)、そこに踏み込むと、論自体がスキャンダラスな装いになる。多少それを狙ったのだろうが、呉さんは官人たちのホモソーシャルに世界へと論を着地するためにけっこう苦労している。

 問題は、官人たちが何故自分たちの交友を歌にするときに男女の恋愛関係を装うのか、ということだ。それを男同士の同性愛というレベルで押さえるのか(異性愛という秩序を揺さぶりたいイデオロギーの臭いがするが)、それとも、違う押さえ方をするのかだ。私は違う押さえ方をしたい。家持が同性愛者である可能性がないわけではないが、むしろ、ここはジェンダー論を括弧にくくって、彼等官人の情調を介した共同体のあり方の問題であると押さえたいと思っている。

      かまびすしジェンダー論も梅雨明けぬ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okanokabe.asablo.jp/blog/2007/07/19/1664949/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。