歌の言葉の楽しさ2007/04/15 09:32

 今日は古代文学会の連続シンポジウム。私が司会をした。始まる前に新入生歓迎会があり。講堂に出席。新入生は50名いるかいないか。壇上でなんでこんなに少ないんだと驚く。やはり、出席を義務化しないと土曜日なんかにでてこやしない。講演会の副会長も来ていたのに、ちょっとみっともなかった。

 歓迎会を途中で抜け出しシンポジウムへ。こちらは80人ほどが集まった。けっこう盛況である。三人のパネラーによって「叙情と身体」というテーマで語ってもらった。それぞれ独自の叙情論を展開したが、発表が終わって相互討論になって、俄然盛り上がってきた。

 三人とも、学会の古参メンバーであり、それこそ30年以上も一緒の研究仲間である。その三人が、お互いの違いを認め合うのではなくて、それは違うのではないかと主張しあう展開になった。司会としては、しめしめというところである。司会が盛り上げる前にパネラー同士で盛り上げてくれて、ある意味では楽な司会であった。

 それにしても歌の言葉は面白いと思う。言葉が歌であることによって言葉はいろんな性格を帯びる。そのいろんな性格を説明することはけっこう楽しい。むろん、そんなに簡単ではない。30年以上も歌の言葉を論じてきた学会の重鎮が、いまだに違う言葉論を戦わせるのだ。私も今日は参戦しようと思ったが、司会の手前遠慮した。歌の言葉はやはり説明出来ないところを必ず残す。それをどう説明していくか、まだこの分野で楽しめそうだ。
 
 懇親会や二次会はたくさんのメンバーがきたせいか盛り上がった。私も二次会まで付き合い、少し飲み過ぎた。飲み会でこんなにしゃべったのも久しぶりだ。家に帰ったのはすでに12時をだいぶ回っていた。それから、明日(今日)の発表に向けて原稿を書き始めたが、さすがにダウン。3時頃床につく。

      春眠や次の目覚めも考えず

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okanokabe.asablo.jp/blog/2007/04/15/1407761/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。