楽しく過ごす才能2007/04/13 23:39

 昨日は授業と会議。今日も会議と雑務で出校。奥さんは今日の午前に山小屋に向かった。私は行けない。明日は、古代文学会のシンポジウムがある。場所は私の勤め先だ。私が司会である。明後日は、岩波で座談会がある。私が発表の番である。つまり、休みはないということ。

 何となく気分が晴れないのは、忙しいせいか、いや、すっきりと先が見えないからだろう。仕事も自分の研究も、先がどうなるか分からないで、とにかく懸命にあれこれとやっているだけ。まあ、先が見えて生きている奴はほとんどいないだろうし、こんなものなのだ。要するに、気分が晴れないのは私の気質の問題かも知れないということだ。

 今日、去年の9月に見舞いに行ったOさんが4月4日に亡くなったという知らせが届いた。とうとうきたか、という思いであった。末期癌で、見舞いに行ったときはすでにかなり弱っていて、こんなに早く神秘な世界を覗くことになるとはなあ、と語っていたが、ついにそっちの世界に行ってしまった。

 この歳になるとこういう話が多くなる。私の番はいつだろうかなどと考え始める。こんなに忙しく働いていていいものなのかと考えることもある。かといって、暇だから何が出来るというわけではない。私が優れた仕事をするとするなら、それは忙しいとか暇だとかは関係ないだろう。優れた仕事の方が私を選ぶのであって、選ばれたら時間があろうとなかろうとやるしかないだろう。私が選ばれる機会がくるかどうかは分からないが。

 とりあえず、目の前の仕事を楽しくこなすことだ。楽しくなくても。そうやって楽しくする才能は少しはあると思っているのだが、最近気分が晴れないので、私の才能も枯渇してきたのかも知れない。

        春四月流れる雲を見送りぬ

        春の宴向こうの岸に膳揃う

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okanokabe.asablo.jp/blog/2007/04/13/1400856/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。