宮台真司を読んで選挙について考えた2014/12/11 00:49

 選挙が近いが、学会のシンポジウムも近い。シンポジウムでは中国から三人招待し、一人は研究者で発表、一人は宗教者で儀礼をやってもらう。いろいろ準備が大変だったが、なんとかここまでこぎつけた。上手くいくといいのだが。

 シンポジウムは13日、14日は研究者でわれわれが世話になっている先生の誕生会を兼ねた歓迎会。選挙の日でもある。私はあまり選挙にはいかないのだが、こんどばかりは行かざるを得ないだろう。アベノミクスへのの反対票は投じておくべきだと思うからだ。アベノミクスは、格差を生むだけで、ごく一部の経済利益享受者と多数の経済弱者を固定化するだけの政策であることはすでに自明なことなのに、経済成長という幻想に、固定化される経済弱者が惑わされてアベノミクスに票を投じるという、この構造を変えないと、弱者が自分で自分の首を絞める選挙になってしまう。が、与党の圧倒的優位は変わりそうにもない情勢では、経済弱者が増えていくばかりの世の中になりそうだ。

 野党が対抗できないのは、経済成長路線への未練を棄てきれないからだ。徹底して、定常型経済モデルと、低成長経済でも維持できる福祉モデルとを構想して政策論争に持ちかけるべきなのに、どの政党も、アベノミクスは成功していないとか、官僚依存であるとか、国家主義への批判、反原発といったものばかりで、選挙の論点になっていない。当然で、それらは自民党内でも主張されている議論だからで、小泉元首相の息子が首相になったら、たぶん、今野党がいっていることは全部自民党の主張になるだろう。自民党支持者は、とりあえずアベノミクスに期待をかけ、それがだめなら、次は小泉の息子に賭けてみる、くらいには思っているのだ。自民党強しである。

 問題は、大多数の経済弱者に、与党の路線は自分の首を絞めることになるばかりだと知らしめることができるかどうかだが、それは実は最も困難なのだ。というのも、これは、いわゆる、ポピュリズムの問題であって、選挙においては、経済への不安は、経済成長というわかりやすいスローガンによってしか解消しない、という原理が働くということである。だから選挙では、経済成長しないでも人々が幸福にいきられる政策とは何か、といった矛盾した困難さに満ちたスローガンは支持されない。わかりにくいからだが、しかし、もう、そのわかりにくさに国民レベルで向き合って受けとめていかないとだめなところへ来ているのも確かである。が、今の議員選挙方式では、スローガン選挙になるだけで、そのような問題に国民が関心を持つことはほとんどない。ほんとうにどうなっていくのやら、である。

 宮台真司の『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』は、こういった問題について、実に具体的に説明してくれるありがたい本である。漠然と感じていた政治や経済が抱える問題について、その原因やその対処について具体的に言葉を与えてくれる、インデックスのような本である。その実に細かな分析に驚きながら、かなり今の世の中を言葉で整理できるようになった。ただ、読み終わると歳のせいですぐにその言葉を忘れてしまうのだが。とりあえず、選挙について書いてみたのは、宮台真司の本を読んで、経済や政治についての関心を引き起こされたからでもあるが、言葉を忘れる前に書いておいて忘れないようにするという、惚け防止にもなっている。悲しい話であるが。

人は機能的になれるのか2014/12/13 00:42

 モソ人のお二人とT先生と三人が無事中国から到着。儀礼に使うものなどを持ってきたが、国際シンポジウムへの参加ということでトラブルなく入国出来た。これも寧波大学教授であるT先生のおかげ。先生が一緒でなかったら、モソの二人、たぶん、税関でかなりチェックされて面倒なことになっていただろう。みるからに中国奥地の農民らしい容貌と服装だからだ。彼らは、村から10時間かけて雲南の麗江飛行場に、そこから上海へ。上海は初めてだということだ。むろん海外も初めてで、そのかれらを、私とE君とで昨日から接待している。

 今日は上智大で明日のシンポの打ち合わせ。本番ではモソの宗教儀礼の実演を、上智のチャペルの庭で行う。この取り合わせけっこう興味深い。実演に使う道具などを新宿の100円ショップで調達。フライパン、金網、まな板、ボール、ナイフ、はさみなど、まとめて1000円しなかった。さすがに安い。ちなみに最初東急ハンズにいったが、フライパンだけで二千円だったので、近くの100円ショップに行こうという事になったのである。フライパンが100円で買える、というのもすごい。

 夕飯は、チベットの近くに住む彼らのために、泉岳寺にあるチベット・ネパール料理の店に行く。

 宮台真司『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』の続き。宮台の状況分析とそれに応じた実践的対処法に関してのリファランスはほとんど賛成である。が、?がないわけではない。それは、「理念の言語」は役に立たず、「機能言語」を駆使していくべきとする主張だ。理念の言語とは、真実に近づく言葉を語れば必ず人々は影響されて世の中は動くはずだと信じられている言語、ということだ。が、宮台は、ポストモダン以降は、どんな真実めいた理念も再帰的なものであって、つまり、その時代のシステムによって成立する理念に過ぎないのであって、従って、その理念に依拠して世の中を変えるということ自体が矛盾に満ちている、という。ここまではわかる。このような時代に必要とされるのは、世の中を実際に動かしていく機能的な言語なのだという。例えば、それは、社会への合理的な分析と明哲な方法によって組み立てられる政策的言説、ということになろうか。

 例えばその言説のなかに当事者性を入れてはいけないと説く。当事者を入れれば、客観性が損なわれ、機能性そのものが傷つくからだ。例えば、経済政策において当事者である経済弱者の声を反映させようとすれば、財政基盤を無視して富を再分配する政策しかとれなくなる。富を独占する富裕層の声を聞けば、社会そのものが不安定になる。とすれば、そういった当事者性に距離を置いたスタンスの政策が必要だということだ。一見よく分かるが、果たしてそのような機能性に特化した位置取りは可能なのか、そこが疑問だ。

 現在の民主主義は当事者の声を反映させる仕組みだから、社会の矛盾を解決するには良い制度ではないという。確かに民主制は独裁という最悪を防ぐ仕組みとしてはいいが、自分たちが陥っている社会的困難を解決するには向いていない。少子化がすすみ、借金だけが膨らんでいくこの日本社会を、ここまでにしたのは、民主主義がある意味で機能していたからだ、と言え無くもないのだ。選挙に勝つためには、国民に痛みを伴う政策を訴えることは出来ない。だから、こんなになってしまった。

 とすれば、当事者性を廃して機能的な言語を駆使するということは、ある意味で優秀な官僚が、国民の当事者性からは距離をおいて、社会的矛盾を解決していく、ことが理想ということになる。が、それは、少しばかりの独裁を認めようという話になる。宮台はそうは言っていないが、結局はそういうことになるのではないか。

 むろん、独裁ではなく、多数決民主主義ではない、多数の意見を集約する方法があり得ることを前提にしていることはわかる。が、その集約され意志決定まで持ち込まれる言語は機能的なのかどうか。たぶん私が不安なのは、それが機能的な言語なのだとしたら、それを語る人間もまた機能的にならないか、ということである。他者の心を思う情を持っていて、でも、政策的言語は徹底して機能的に語る人、そんな人はいるのだろうか。

 いると思いたいが、そういう人にまだお目にかかったことはない。ただそのようにふるまっている人は大勢いる。今選挙で大衆受けする言葉を叫んでいる人たちはみなそうだ。それは、日本における政治の未熟さの問題であるより、人は、機能的な言語に特化できない、とみなした方が良いような気がするのだ。機能的にふるまえば心を失う。心をうしなうまいとすれば機能性にほころびが出る。私たちはそのようなものなのではないか。言いかえれば、私たちの言説は当事者性を簡単には超越できないということだ。

 ただ、それは、偏差値の低い場所ばかりを歩いてきたわたしの位置取りがそのよう思わせているのであって、高偏差値のエリートであり続けた宮台とは見え方が違うということかも知れない。こう語るとなにやら自虐的になるが。

しんどい一週間が終わる2014/12/21 22:33

 13日「病と祓」をテーマとした学会のシンポジウムが無事終了。モソ人の宗教者による病祓い儀礼の実演もトラブルなく行われ、参加者の実際の病払い儀礼の迫力に魅了されていたようだ。三年以上にわたって準備してきた努力が、何とか実を結んだわけで、ほっとしたところだ。チベット仏教系の宗教者(シャーマン)であり、身分としては一介の農民を日本に呼ぶことは困難だった。まず、中国当局へのパスポート申請が大変だった。シンポジウムへの参加なのだが、著名な学会ではないので、学会の存在を証明するところから始めなければならなかった。やっとパスボートが降りると、今度は、日本領事館へのビザの申請がまた面倒であった。これも入国目的や学会につい問われ、学会代表の在職証明書まで要求された。いやはやである。

 とにかく儀礼もシンポジウムも無事に終わってよかったのだが、問題は私が風邪を引いてしまったことだ。シンポジウム当日から体調が悪化した。私が病祓い儀礼をやってもらえばよかったのだ。14日の日曜は、研究会だったが欠席、ただ夕方の中国のT先生の歓迎会を兼ねた誕生会には出席。次の日は授業と会議。が熱が出て休んだ。私はよく風邪を引くが、自慢ではないが、風邪で授業を休講にしたことは今まで一度もない。が、こんどばかりはさすがに休講せざるを得なかった。熱が38度まであがれば仕方が無い。ああ補講をしなければならない。それにしても二週間前にインフルエンザの注射を打ったのだが、インフルエンザではないということか。

 火曜は何とか回復。この日は午前中から会議。午後は学長候補を選ぶ会議がある。休むわけにはいかない。熱は下がったので出校。木曜は学科の日本文学コースのクリスマスパーティ。毎年やっているイベントである。この日のために、私は、安くてお洒落なプレゼントをいくつか用意しなければならなかった。まあこういうイベント嫌いではない。今年はそれほど集まらなかったが、そこそこ楽しい会となった。

 選挙の結果は予想通りでつまらない。テレビを見る気もしない。選挙を棄権したくなる気持ちはよくわかる。アメリカでの、低所得者層に富の配分を渋る共和党に低所得者層が民主党でなく共和党に票を入れるのと同じ現象が日本にも起こっているということだ。問題はたぶんこういうことだ。今世界を覆っている問題は、仕組みの問題なのだ。仕組みとは、システムのことであり、言わば堅固な無意識とでも言うべきものだ。この仕組みの構造が社会の機能不全を起こしかけているのだが、その仕組みを修正する機能そのものがこの仕組みにないということなのだ。どうやったらこの仕組みは変えられるのか。いきなり大きな仕組みを変えようという革命路線が夢なら、とりあえずは身の回りの小さな仕組みから変える方途をみんなでさがそうということしかないか。

 週末は、まだ体調回復というわけではないが、友人の家に餅つきに顔をだし、マンションの忘年会とやらでいそがしかった。この一週間実にしんどかった。