「ムーミン」に決まる2014/11/06 00:08

 11月はさすがに忙しい。もう疲労困憊です。昨日は、一日会議づけで、短いの長いの混ぜ合わせて7つの会議があった。新記録である。通常の会議、打ち合わせ、臨時の会議。特に、最近、文科省が補助金を均等分配でなく、教育の向上に努力している大学に重点的に配布する方針に転換し、その基準を細かく決めてあろうことかそれらの基準項目をクリアしたら何点与えるというポイント制にした。そのポイントをある一定以上取らないと補助金が減らされる、という仕組みである。

 従って、ポイントの項目毎に組織を作りポイントをもらえる体制作りをいま全国の大学で行っている。文科省のホームページには、ポイントを貯めて合格した大学と落ちた大学の一覧が出ている。全国の大学がポイント獲得のために競争するとはまったくすごい世の中になったものである。おかげで会議が一挙に増えてしまった。

 今週はアジア民族文化学会の秋の大会の準備で大変である。12月13日(土)上智大学で行われる。案内状ややポスター作製を行っているところだが、実はもう配布していないとだめな時期である。いろいろと遅れてしまいあせっている。案内状は何とか今日作製したが、ポスターは来週になる。

 今度の学会では、中国雲南省の奥地からダパ(モソ人の宗教者)を呼んで、「病い祓い儀礼」を実演してもらう予定だ。めったに見られない儀礼だから必見である。ただ、宗教者は農民で、パスポートやビザを取るのに手間取っている。農民にはなかなかビザは出してくれないという。学会の招請状があるので問題はないと思うが、心配ではある。同時にシンポジウムを行いS君に「いざなぎ流」での「病い祓い」の解説もしてもらう。これも見物である。

 来年度に「総合表現ワークショップ」という授業を新設した。学生に演劇を実際に講演してもらう授業である。明治大学ではシェイクスピアプロジェクトというのがあって成功を収めている。これに倣ったものだが、演目をどうしようかといろいろ考え、けっきょく「ムーミン」になった。「銀河鉄道の夜」の案もあったが、これはあちこちで演じられているということで、まだ演劇にはなっていない(たぶん)「ムーミン」にしようということになったというわけだ。私は、ムーミン谷の童話を五冊ほど読んだが、結構面白い。確かに演劇向きであると思う。

 このムーミン谷の妖精や動物たちは、危機的状況のなかでも、あまり深く落ち込まずに内向的にもならず、アイデンティティをさがすこともなく、洪水で家がながされてもどこか楽しげである。その意味でいえばこの童話から教訓というものを見つけにくい。何が面白いのか。たぶん、地球の危機が迫ろうとも、あまり過去や未来にとらわれないということなのかも知れない。世界の危機は救えなくても、ムーミン谷の危機は何となく救える。そこがいいのだ。世界の危機が救えないといって落ち込んでしまうものがいない。自分たちの力の及ばない領域の危機に反応してもどうしようもないことを本能的に知っている、ということだろう。それなら、力の及ぶところでみんなで危機を乗り切るだけだ、なるべく賑やかに、というのがムーミン谷のポリシーのようだ。そう考えればけっこう教訓はある。

村上春樹と資本主義の終焉2014/11/17 00:52

 来月の学会のポスターと案内を作成し発送。が、発表者の名前を一字間違ってしまった。「朗」を「郎」としてしまった。私の単純ミスで、確認を怠ったのが理由。時々こういうポカをする。いつも落ち込むのだが、今回も落ち込んだ。こういう間違いはやってはいけないのだが、性格の問題かなかなか直らない。職場では助手さん達に事務仕事をあれこれ指図する立場だが、ミスをしても怒らないことにしている。自分を省みればとてもじゃないが叱れない。

 人間はミスをするもので、本当はミスをしてもそれを発見し大事に至らないような体制作りが必要なのだが、一人でほとんど事務をこなさなければならない小さな学会では、なかなか難しい。ご迷惑をかけた関係者のみなさん、ごめんなさい。

 短歌評論集の再校を出版社に送る。私は校正が苦手で、出版すると必ず間違いが見つかる。今度ばかりはそれを防ごうと校正にけっこう時間を掛けたつもりなのだが、やはり性格の問題なので、自信はない。もし見つかったら、これもごめんなさい。

 何冊か本を読んだ。村上春樹『女のいない男たち』、古市憲寿『働き方は「自分」で決める』、水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』テリーヘイズ『ピルグリム1~3』、アンディウィアー『火星の人』。他にも刑事物を三冊ほど読んだがつまらなかったので載せない。

 村上春樹のは短編集だが、いつもの、かなり根の深い孤独を抱え込んでいるものたちの物語。村上の描く、突然心の隙間からあふれ出す孤独の闇に侵され、みな、何が起こったのかよくわからずに作者と覚しい者に自分の人生を語るという、そのおきまりの物語を読んで見て、その物語が、今回、自分とかなり重なっているような気分になった。そうか、俺って結構孤独なんだなあと、いまさらながら村上春樹に教えられたということだ。

 それはそれとして、村上春樹の文体は、実に滑らかで、逡巡したり、余分な言葉で遠回りしたりとか、言いよどんだりとか、そういうのがいっさいない。言葉にならない深刻な孤独を抱えている主人公達は、実に的確になめらかに合理的にその孤独を語る。このなめらかさは何なのだろう。実際の会話は、たぶん、言いよどみ、えーと、とかあれとかこれとかの無駄な言葉の方が多く、的確な指示語も言えず、そんな風に語るものだが、村上春樹の世界では、そういうたどたどしさはいっさいない。つまり、ディスコミュニケーションを描きながらディスコミュニケーションを感じさせないのだ。

 どんな闇でも説明出来ないものはない。つまり、そういうのは「これは説明出来ない闇なのだ」とあっさりと片付ける。具体的に語れなければメタ的に語り、比喩的に語る。この破綻のない文体に、孤独という心の闇が何かファッションのように、つまり、その人の外見の一つのように見えてしまう。だから、物語はカタストロフィを用意しない。

 若い時は、カタストロフィのない物語は感情移入が出来なかった。が、最近は、むしろ、そういうのは苦手で、破綻のない文体で描かれるカタストロフィのない物語が好みである。たぶん、体力と、希望の問題である。若い時は孤独であっても、その孤独を、未来の出来事の中でどのようにもかわっていくものだという希望によって受け入れた。が、今は違う。死ぬまでもうずっとこのままなんだろうなあと思う。今更劇的に人間関係を変えていくことなんて起きるはずもない。とすれば、孤独はすでに立派な外見になっている。村上春樹はまさに外見と化した「孤独」を描いている。だから、ほとんど自分と重なったのだ。

 水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』は、グローバリズム資本主義が嫌いな人にはおすすめの本。これを読むとアベノミクスは日本を滅ぼすということが実によくわかる。広井良典、藻谷浩介等と同じ、成長経済を否定する定常型社会論者であるが、私も資本主義以降は、定常型社会でないとだめだと思う一人である。定常型社会を作るためには、財政の均衡が必要で、過剰な財政赤字は、格差社会を拡大するだけだという。その意味で、法人税も消費税も上げるべきだという。もう20年近く金利ゼロが続くということは、資本を投資しても利潤を得られないということで、これは、資本の投資によって資本を増やす資本主義の崩壊を意味している、と水野は言う。つまり、もう日本の資本主義は死に体なのだということだ。

 一部の企業は利益を上げても日本の社会にその利益は分配されない。全体としてみれば、日本はいくら投資しても利潤を上げられない社会になっている、というのだ。とすれば、現状の生産と消費を何とか維持し、その中で格差を解消していく、という方向に政治が楫を切らなければならない。とても当たり前なことだと思うが、その当たり前の方向に何故向かおうとしないのか。今度の選挙がそのような方向に向かうためのきっかけになればいいと思うのだ。 

 他の本の感想は次。

SFと就活本2014/11/26 11:53

 11月の終わるのも早い。あっという間に秋が過ぎ去る。わがマンションの庭の紅葉も余り色づかぬうちに散ろうとしている。隣のNTTの森の紅葉はこれからというところだ。月曜に、学生を連れて赤坂の日枝神社に行って来た。日枝神社は、もともと、比叡山の土地神を祭る日吉神社を勧請したものだが、日枝という言い方は、比叡のヒエからとか日吉神社の日吉がヒエと読むと言う説もある。日吉神社は猿を神の使いとしていることから、日枝神社も狛犬の代わりに猿の象が鎮座している。

 さすがにお金持ちの神社である。神社の建物は立派だし、社殿に上る階段の横にエスカレーターが動いている。江戸時代は江戸城の鎮守の神社だったが、江戸城が皇居になってからは皇室の鎮守ということらしい。ブックオフに日枝神社のビデオが300円で売っていたので早速購入して見てみたところ、石原都知事が氏子総代として奉納していた。

 さて、読書の感想の続きだが、アンディ・ウィアー『火星の人』はお薦め。いわゆる近未来のハードSFである。火星への有人飛行ミッションが失敗し、クルーは一人を残して火星を脱出する。取り残された隊員は絶体絶命の状況で、火星に残された機材を何とか使いこなして、地球と連絡をとり、救出隊がくるまで火星で生き延びようとする。つまり、火星版ロビンソンクルーソーということになろか。文体が、なかなか良い。村上春樹風に「やれやれ」といいながら、危機を克服していく。どんな極限状況にあってもユーモアを外さない精神は見事である。村上春樹の訳すレイモンドチャンドラーの描く探偵が、殴られようと銃を向けられようと、ウィットなしの台詞を決して吐かないのとそれは同じである。追いつめられ極限の状況にあって、「やれやれ」と冗談の一つでもいいながら、というように振る舞いたいものである。どうせどうしようもないなら、その方が良いに決まっている。ひょっとして奇跡は、泣き叫んだり落ち込んでいるより起こる確率は高いかも知れない。

 テリー・ヘイズ『ピルグリム』1~3は、読んだらやめられないというキャッチフレーズに、ほんとかなと思いつつ読んで見たが、まあまあ最後まで飽きることなく読み終えた。さすがに『ミレニアム』ほどではない。全六冊の長さを一気に読ませる面白さという点で、『ミレニアム』が最近読んだミステリでは最高である。『ピルグリム』の面白さは、イスラムのテロリストが、典型的な悪役ではなく、テロリストになった背景や、その人間性も含めて丁寧に描かれているところだ。ほんとのテロリストはこんなに甘くはないぞとつっこみを入れたくなるところもあるが、欧米諸国の願望も入っているのだと思う。ネタバレになるので結末は言わないが、最後は、信念ではなく愛が勝つのだ。

 古市憲寿『働き方は自分で決める』(講談社文庫)は、学生向けの就活本として使えないか読んでみたが使えないことがわかった。社会学者として知られるようになった著者が交流した成功起業家たちの物語と言えばよいか。その成功の鍵は「自由」を活用しているということだ。つまり、日本には他の国と比較するとかなりの自由がある。日本人はその恩恵がわかっていない。それなのに旧来のシステムに縛られながら職業を選択しあるいは起業をしようとする。もっと自由に何でもできるはずで、その自由を活用し、コミュニケーション力やアイデア力で、それほどの資本もなしに起業をやり遂げたものたちの成功の物語、ということになる。それだけだと、結局うまくやった人間力の高いものたちの成功譚でつまらないのだが、さすがに社会学者らしく、日本で若者が上手く生きていくには、日本が他国(特に発展途上国)にはない自由を含めた様々な特権をもっと利用すべきだと言っているところだろう。この「自由」は高度成長期に作られた財産で、やがて亡くなるかも知れないがまだ残っている。それを有効利用して、生きる道を探そうということがこの本で説く若者の処世術ということになる。

 つまり、今は、もっと職業の選択肢はかなりあるはずで、それが「自由」の恩恵ということになるが、その選択肢が若者に気づかれていないということになろうか。そういった意味での啓発本だ。そういう意味でなら、就活本として使えそうだが、女子大生にそのように読ませるにはかなりの説明が必要だ。むしろ、こんな人たちの成功の物語なんて私には無理!と拒否反応を引き起こすのがせいぜいのところだ。その意味で就活本には難しい。宮台真司の『就活原論』も良い本だが、あれも就活本としては難しい。時代の本質を踏まえた生き方のノウハウは、とりあえず生きるための目先の就活のノウハウとは一致しないのである。その落差を丁寧に埋めてくれないと就活本にはならないということである。