しょうがない公共性2014/05/01 00:24

 いよいよ明日から連休にはいる。29日は出校日で、1日、2日は振り替え休日で学校は一週間ほどの連休になる。毎日会議や学会でやすむことなくよく働いた。風邪もひかず今年は何とか倒れずに過ごしている。

 最近、医者のすすめもあって特に歩くことにしている。暇があれば歩き、通勤もなるべく遠い駅まで歩いてそこから電車に乗る。近頃は27分ほどかけてつつじヶ丘駅まで歩くことにしている。遠出もよくする。この間は、自宅から二子玉川駅まで歩いて行った。Ⅰ時間ちょっとかかる。野川沿いを歩き次大夫堀公園の先を左折し、国分寺崖線の丘陵を越えて仙川にでる。仙川沿いを下流に歩き、丸子川に出る。丸子側沿いを歩き岡本民家園の緑地を通り、そこから遊歩道に入り二子玉川駅にでるのである。このルートはほとんど遊歩道だけの道なので、緑も多くおすすめである。さすがに帰りはばててバスで成城学園前まで乗る。

 京王線芦花公園駅から小田急線の経堂駅まで歩いたこともある。芦花公園から環八を越えて烏川緑道に入る。この緑道沿いに歩いて行くと経堂近くの小田急線の線路をくぐる。この道もなかなか面白い。これからも暑さにめげず歩かなくては。

 柄谷行人『遊動論』読了。面白かった。柳田国男についての戸惑いをもある意味でクリアにぬぐってくれる。そういう意味では、柳田論の画期となるだろう。が、あまりに抽象的かつ理想的過ぎるので、『遊動論』を根拠に柳田を解読するにはまだ無理がある。

 『遊動論』の眼目は「先祖の話」の徹底した評価にあるだろう。稲作定住民を先祖という視点で定義づけた論とか、戦争をすすめた国家を肯定する論とか批判ばかりされるこの「先祖の話」を、互酬的な交換原理という視点から読み解く方法にはかなり驚かされた。ここには死者(先祖)との互酬的な交換が描かれているのであって、それは国家に抗する方法なのだと言い切る。この互酬的な交換の原理は、定住以前の「遊動」する共同体の原理であって、その原理が、「先祖信仰」という形で日本の農村に残っている。それを国家に抗する意図で回復しようとしたのが「先祖の話」だというのである。

 私はかつて「先祖の話」を新しい公共性の問題として読むべきである、と論じたことがある。が、それ以上には踏み込めなかった。死者(先祖)との関係論でもあるというところまでは指摘したが、それ以上のことは言え無かった。わたしたちの社会もわたしたち自身も自然や死者と分かちがたくある。が、それを積極的に評価すればノスタルジーやたんなる近代批判になる。一方、それらを切り捨て能動的な個人の自由な立場で創出する公共性に価値を置けば、かえって均質で遊びのない孤独な関係の社会を想定するしかない。

 柳田の言っていることは、先祖という死者を切り捨てて公共的空間を作れないということである。これはよくわかる。が、その切り捨てられない関係をどういう論理で説明するのか。宗教で語ってしまえば容易だが、それは論理ではない。が柄谷はあっさりと、「互酬的な交換」がそこにはあるのだと、論理化したのである。そうかそう言えばよかったんだ、と私などは目から鱗であった。

 が、批判はあろう。稲作定住民の先祖信仰を、定住以前の「遊動」的共同体における死者との関係と果たしてみなせるのかどうか。強引と言えば強引かもしれない。が、この方向での論理はそれほど間違っているとは思えない。私は、雲南省の少数民族の儀礼や神話を調査してきたが、そこに貫かれている原理は「互酬的な交換」であるからである。それについては『神話と自然 雲南少数民族の精神世界』で論じている。

 ただ、わたしたちが新しい公共性を作ろうとするとき、その遊動性をどのように取り込み、どう機能させるのか、と問題をたてられるのか、そこが肝心である。『遊動論』のすぐれたことろは、死者や自然をかかえこまない公共性はないのであって、それを抱え込んでいるとしても、それは自由を疎外する呪縛ではなく、むしろ、国家という大きな権力の束縛に抗する公共性たり得るのだと、論理的に説明できる道筋を明らかにしたことにあろう。が、それは、論理のかなり遠い先に道がないことはないという程度のことであって、今の公共性における例えば死者の問題をどう評価するのかと問うたとき、それほど役に立つわけではない。

 東日本大震災のとき多くの消防団員の方が殉職された。この人達の霊を国家が慰霊するとき、その行為を美化するだろう。国家とはそういうものである。そのことに違和を感じるのは、次の震災のとき、自らを犠牲にするのが美徳であるという暗黙の強制がそこに作られるからである。私たちは、自分の命を犠牲にしてまで人を救うことはないとは言え無い。韓国のフェリー沈没で、船長や乗組員が真っ先に逃げ出したことに誰もが怒ったことはわからないではない。が、それなら、彼らは全員殉職するべきだったのか。それも誰も言え無いことである。フクシマの原発事故のとき、現場で命を賭けていた人たちに暗黙に殉職を強いるように英雄扱いを露骨にしていた政治家を思い出す。例えば、政治家が戦死者を讃美するのは、次の戦争のときに若者にまたお国のために戦ってもらうためである。震災で殉職された方々を美化するとき、それと同じ心理がないとは言え無い。

 これは簡単に答えの出ない問題である。が言えるとすれば、みんなしょうがなく殉職したのだということだ。これは批判ではない。賛辞である。誰も、立派な自己犠牲の精神で人を救うために残ったのだというように言ってしまったら、それはかなり政治的匂いのする言説になる。が、それなら何故逃げなかったのだ、命を粗末にするべきでないという意見もでるだろ。が、人は、そういう立場に置かれたら逃げたくても逃げられないのだ。恐怖と戦いながら仕事を続ける。そういうものなのだ。それを「しょうがなく」と言ったまでである。ほとんどの戦死者も「しょうがなく」戦争にいった。それを、戦争に抵抗しなかった意志の弱い人間と批判は出来ない。

 わたしたちは公共性が必要だ。その公共性を維持するためにはなにがしかの自己犠牲がともなう場合があろう。そのとき、その犠牲を公共性のための犠牲として美化することには抵抗がある。が、犠牲そのものは避けられないというのもわかる。そういうときもある。そのとき、「しょうがない」と言える程度にとりあえずは公共性を肯定するくらいがちょうどいいのではないか。あまり、しゃかりきに公共性を主張して自己犠牲を讃美したくはない。かといって、沈む船から真っ先に逃げ出す船長のようではありたくない。その中間あたりで、公共性と向き合うということが落としどころだ。

 そして、生きている者も死者も適度な距離感でつきあえる社会が成立すれば、柄谷の言う、互酬的な交換を原理とする遊動的な社会が現れると思うのだ。

中国の留学生柳田を読む2014/05/16 23:46

 久しぶりのブログである。さすがに忙しいと書く時間がとれない。連休を終えて、学会の大会も終えて、雑務もこなしながらと、ただせわしなく動き回っていた。自分の勉強の時間をあまりとれなかったのが残念だ。

 同じ勤め先のE君の大学院の授業に中国からの留学生が来ている。何でも柳田国男で論を書きたいということなので面倒見てくれないか、と言われた。柳田研究をしている中国の大学院生に興味があったので会ってみた。

 こがらな女性だったが、驚いたことに、日本に来て2ヶ月だというのに日本語は堪能である。柳田は中国の大学で読んでいたという。中国語に訳されていたものや柳田の研究書を読んでいたという。原書は読んでみたがなかなか難しいと語った。何をテーマにしているのと聞いたら、農村と都市の問題を論じたいというのである。

 それで、私としては、まず「都市と農村」と「明治大正史世相篇」をテキストにして、この二冊を原書で(要するに日本語で)丁寧に読み込むことから始めようと提案した。特に「都市と農村」は日本人が読んでも難しい。柳田はかなり遠回りの表現で論じているのでその意図を捕まえるのが難しい。テキスト熟読の話をしたら、「都市と農村」をひとととおり読んできた。やはり難しいと言う。

 そこで、週1回私とテキストを熟読する時間を作ることにした。そういうこともあって私も「都市と農村」を読み返してみたが、けっこういろいろな発見があって面白かった。この本は、ほとんど農村のコミュニティ論であるとみなしていい。柳田は、農村こそが都市を生成する文化や生産技術の源であると論じる。つまり、農村は生き残るために稲作以外の多様な生産を行っており、農民は自由に知恵と工夫で自立の方法を探求していた。ただ、日本の農地は狭くてたくさん人を養えないから村を出ざるをえなくなる者がでてくる。そういうものたちが都市に流入し都市の文化や生産に大いに力を発揮したのだというのである。だが、やがて、都市が資本主義社会そのものになると、村での様々な生産物は都市の生産物に取って代わられ、お米しか生産しなくなる。そのことが、ますます日本の農村を貧しく疲弊させていったのだという。ひへいすればますます農村から都市へ人が流入し、その結果失業者も増え、都市もまた疲弊していくのだと述べる。

 農村は様々な問題を自分たちで解決してきたし、自分たちの食料や生活を支える様々な物を生産し得る技術も持っていた。つまり、コミュニティとして自立し得る地域共同体であった。そのような村のあり方を見直すべきだというのが柳田の主張である。そうであってこそ、都市もまた適度の人口を保ちながら活性化するのであって、その意味でも、農村の自律的な復活こそが都市と農村の問題を解決する道である、というのが柳田のどうやら言いたいことである。

 たぶん、留学生もそのように読み取っていくだろう。問題はその読み取った問題意識を、現在の中国の都市と農村の問題を論じる際の重要な見方として普遍化できるかどうかだ。かなり頭がよさそうで、しかも問題意識も明確なので心配することはなさそうだ。昭和初期に起こっていた日本の農村と都市の問題は、今中国ではもっとドラスチックに起こっているのである。とにかく、都市と農村の格差が拡大し、開発の名のもとに農村はどんどん消滅していっている。とすれば、柳田の理想とするような農村の自立は、やがてくるであろう拡大路線の破綻後をかんがえざるを得ない中国にとっても重要なテーマであろう。中国において、柳田のいうような意味での農村のコミュニティは本当に成立するのかどうか、私も知りたいところである。

今城塚古墳と東京見物2014/05/26 09:32

 この土日出かける事が多い。先週(17日)は、研究会の人たちと大阪高槻市の今城塚古墳を見学に行って来た。この古墳継体天皇の墓だと言われている。大きな前方後円墳で、とにかく出土された埴輪がすごい。公式には継体天皇と言われてはいないが、地元の歴史館ではほぼ定説だという説明があった。現在は、この古墳、公園になっているが、もし継体天皇の古墳なら宮内庁が管理して誰も入れないはずである。

 継体の古墳なのに何故発掘され公園になっているのかというと、明治が始まる少し前、各地の古墳の調査が行われ歴代の天皇と関連づけられた。そのとき、高槻を収めていた藩が、ここは塚であって古墳ではないと報告したらしい。それで「今城塚」という名前なのであるということだ。塚だから宮内庁に管理されず、発掘調査が行われ、ここから、古墳を取り囲む円筒埴輪や、儀礼を再現したと思われる埴輪群が出土した。現在、古墳跡に実際の埴輪の群像が再現されている。巫女や令人、力士などの人物や鳥、牛などの動物、そして伊勢の神殿と比較される、棟持ち柱や千木、鰹木を供えた建物の埴輪、それらが並んでいる光景はなかなかのものである。

 何故このような配列で埴輪が並んでいるのか分からないという。実際に儀礼が行われていたのでは、というのがもっぱらの説だが、殯(もがり)の儀礼であるとか、いろいろ説はあるらしい。いずれにしろ、古墳時代の埴輪のリアリティを実感できた。二日目は野中古市の古墳を見に行く予定だったが、私は用事があって次の日の朝に長野へ。

 24日の土曜午後は、助手さんや学生と一緒に東京見学ツアーを行った。地方から出て来た学生に一緒に東京を見学しようという企画だったが、余り学生が集まらなかったのが残念。でも、総勢10人で、ちょうどいい人数だった。

 昼頃、神保町から、押上に行き、まずはスカイツリーの見学。すごい人でとりあえずここは見上げるだけで展望台は行かない。金もかかるし時間もかかる。東武線に乗って浅草へ。一応文学散歩でもあるので、石川啄木の葬儀を行った等光寺へ行こうとしたが、場所が分からずスマホのナビで何とか行き着く。この機能なかなか便利である。浅草寺や浅草神社参拝。浅草神社の祭神は、浅草寺に祭られている観音を堀から拾い上げた地元の人と、それを奉納した人で、三社祭りの三社の祭神はただ普通の地元民を祭った祭りだということを知った。所謂産土神でもなく記紀の神でもない。浅草寺創立の由縁人たちを、神として祭るところが面白い。

 浅草の吾妻橋から水上バスでお台場へというのが最後のコース。ところが、さすが混雑していてお台場への切符が買えない。一つ手前の日の出桟橋で降りて、そこからゆりかもめでお台場へということになった。水上バスは始めて。これが楽しみでこのコースを企画した。隅田川はきれいとは言えないが、ここから見る東京の風景もなかなかである。お台場での砂浜のテラスでお茶を飲み、解散。疲れたが、楽しかった。今度は、もうちょっと学生の数を増やして東京散策をしようと思っている。