ソマリランドが面白い2013/06/06 00:58

 いやはや忙しい。短歌評論の原稿を書き、授業の準備が山とあり、しかも市民講座の万葉講義が毎週あり、それに勤め先の将来構想の案を書きと、気がついたら休みなしである。先週の日曜はその数少ない休日を使って、学生を連れて佐倉にある歴博に出かけた。

 民俗文化の展示コーナーがリニューアルオープンしたので見に行ったということであるる。暑かったし疲れた。民俗文化の展示は第四展示室であるが、以前のよりかなり展示数が増え、観るのに時間がかかった。感想としては、以前の方がわかりやすかった。以前は、都市の位階や山海の異界といった、異界をビジュアルに展示していて、その意味で、展示コーナーそのものを異界風にしつらえる工夫があった。今度の展示は、異界というテーマを中心から外し、生活における民俗文化を中心にした。例えば日本の観光地がどのような戦略で地域の伝統文化をアピールしているかの展示がある。ほとんど観光案内と見まごう展示である。デパートの高給おせち料理がこれでもかと並べられたりと、雑多の生活文化をそのまま雑多に並べているという印象である。
 
 注目は、東北大震災の津波で倒壊した大きな茅葺きの旧家の部屋を再現し、その倒壊した写真を展示していることだろう。大震災と無縁な展示ではないというメッセージが感じられた。結局、展示の内容が雑多過ぎてこちらの整理がつかず、見終わってからあまり思い出せないのである。

 帰りに全国の博物館の特別展の目録や図録を販売している売店で、遠野関係の図録を数店五千円ほど買い求めた。研究室に持って帰ったが、全部研究室に揃っていた。数年前に同じところで買い求めていたのである。愕然とした。一点だけならよくあることだ仕方ないということになるが、数点全部となると、自分の惚けを心配せざるを得ない。こういうことが最近よく起こる。

 最近読んだ本。竹田青嗣・山竹伸二『フロイト思想を読む』(NHKブックス)。これは、ラカン関係の本を読んでいたので、フロイトの復習のつもりで読んだ。現象学とフロイト思想の類似が説明されている本であるが、自我形成のプロセスがわかりやすく解説されていて、エヴァンゲリオンの碇シンジの解説に役立った。

 面白かったのは高野秀行『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)である。ノンフィクションだが、ソマリアに民主主義と平和を実現しているソマリランドという地域国家があると聞いて、ソマリアに単身乗り込み、徹底して体当たり取材をした、めっぽう面白いルポルタージュである。

 この本を読むと、ソマリア通になれる。部族国家というものの面白さやその知恵がよくわかる。ソマリア北部ではたくさんの犠牲者を出した内戦にいやけをさし、部族の長老たちが集まって選挙による議会を作り、法律を作り、武装解除までして、平和になったというのである。彼らは独立宣言したソマリランドという国家を名乗っているが、世界はそれを承認していない。ある部族が勝手に国家を名乗っているぐらいにしか思っていないからだという。

 ところが、実際のソマリア政府のあるソマリア南部はいまだに内戦状態で、イスラム原理主義勢力によるテロも頻繁に起こる。海岸では海賊行為もまだ行われている。何というかめちゃくちゃなのであるが、そういう中で、国家を作り武装解除に成功したソマリランドはすごい、とおもわざるを得ない。日本で言えば、大和朝廷が日本を統一する以前の部族国家みたいなものなのだが、ちゃんと民主主義の原則も取り入れているというところが、偉いのである。この本読むとソマリア人、特にソマリランドの人が好きになる。

ブックパーティと贈与2013/06/14 01:06

 今日(13日)はパーティが重なる。わが学科の読書室委員と学生課がタイアップして、ブックパーティ企画。そのブックパーティが今日の夕方5時からあった。ブックパーティは学生の命名。おすすめ本の会という名前だったが、それじゃつまらないというので、名前を変えた。大学・短大から15名ほどの学生が参加。なかなかの盛況である。私は、主宰者として最初に「色彩のない多崎つくる~」を紹介。ややネタバレ的紹介であったが、心理学の本だよ、という紹介の仕方をした。

 実は、一時間遅れて、違う階で、大学短大のFD・SD交流会なるパーティが開かれた。教職員の交流会である。110名ほどが集まる。ブックパーティを途中で抜け出しそちらにも参加した。私はFD委員なので参加を義務づけられている。普段交流のない教員や職員、助手さんといろろいと話す機会があり、なかなか有益なパーティであったかと思う。

 それを終えて、ブックパーティの二次会に合流。いつも行く近くのイタメシ屋である。二次会の資金は私が出している。これも教員の役割。初対面の学生も多かったようだが、けっこう話しが弾んでいる。ブックパーティは、2時間ほどで、15冊の本の紹介があった。私は前半だけしか聞けなかったが、それでも、みんな頑張って本を語っていた。このブックパーティ、成功したのではと思う。安堵である。7月にも開きたいが、さて今度はみんな集まるか、同じ形式でやるのか、考えどころである。

 今回は紹介で家で時間がいっぱいになってしまったので、今度はテーマを決めてフリートークでの会を考えようと思っている。今回は学生が司会をやり私はほとん何もしなかったが、教員がアイデアをだし、学生がさらにアイデアをだし、そして学生主体でイベントが企画され、何とか成功のうちに終わる、というのが理想。

 人を集める企画を出してそれを実現させ、さらには成功に導くという体験は、かなり貴重。そこでの苦労は成長の糧になるはず。特に、人と積極的に関わるような体験が不足している学生が多いので、学校では、そういう機会を多く作るのも教育の仕事なのである。面倒だが、けっこう楽しい。授業以外で学生と話しができるし、こういう共有体験は、学生の卒業後も記憶に残るものだ。

 ちなみに、二次会の費用も私の労力も、学生への贈与である。学生が大人になって、人を面倒みるような立場になったとき、この贈与を思い出してくれたらいい。そうすれば、きっと、面倒を見るものたちに贈与をしてあげられるに違いない。少なくともその先例を体験しているのだから。こういう連鎖が必要なのだ、ということを、内田樹が言っていた(内田樹・岡田斗司夫『評価と贈与の経済学』)。その通りだと思う。

 明日は市民講座で万葉集を教えに八王子まで行く。この講座実は旧八王子校舎の利用目的で、受講料は無料である。ちなみに私はこの講義のために、かなりの時間を費やして資料を作る。微々たる報酬なので、私の労力は贈与のうちに入るだろう。ただ、この場合、私の勉強の意味合いがある。見方を変えれば、熱心な聴講生がいるから、私は勉強の機会が与えられる。そう考えれば贈与を受けているのは私なのかも知れない。まあどちらでもいいが、贈与のおかげで日々忙しいのである。

文化ってなんだろう2013/06/30 12:59

 ブログも久しぶりである。二週間ぶりになろうか。ブログが書けないときは忙しいのに決まっている。授業の準備はもちろんだが、雑務に、原稿の執筆といろいろあった。特に、今年、雲南の調査記録を何とかまとめようと原稿化しているのだが、今、調査記録を出す意味は何だろうか、というようなことをどう文章化するかで悩んでいる。

 調査記録であるから、中身はすでにある。むしろ、多すぎるくらいである。一冊の本にまとめるとなると、単なる報告記録ではすまなくなる。それなりの意義が必要だ。雲南の調査記録ということは、それなりの貴重な文化記録ということになるが、記録報告としてだすほどの詳細なものでもない。むしろ、その記録を通して、何を考察したか、そちらに重点はある。とすれば、その考察に一貫して流れるものは何か、ということになる。それがあれば、本を出す意義が出てくる。

 結局、それは基層文化へのまなざしということになろうか。雲南へ行って驚くのは、基層文化というところでは日本とほとんど変わらないということである。そこまで文化の底に降りてくると、民族や国家の区別というものが意味をなさなくなる。ただ、文化の共通性という論はつまらない。そういうことではなく、結局、文化って何だというシンプルなところから、基層文化を考えてみたい、というようなことである。

 考えてみれば、私が雲南のあちこちの祭りや神話を調査して歩いたのは、異文化への好奇心からである。そのうち、好奇心が探究心というものに変わり、十数年、調査を続けているということになったのだ。ただ、私は文化人類学や比較文化などの学問の領域を意識して文章を書いた発言してこなかった。その意味では、専門の人たちからは門外漢ということになろうが、逆に、だからこそ、見えることもある。

 今、文化は、民族や地域のアイデンティティを保証するものというようなとらえ方は、リアリティを失っている。雲南で調査した祭りは、ほとんどが地方政府による観光資源としての位置づけによって支えられている。つまり、観光客を呼ぶということで、政府から資金援助してもらっているのである。が、一方で、それを受け入れながらも、その祭りの本来の意義を守りつつ地域の小さな共同体を支えている人たちもいる。

 つまり、祭りを残しているような地域は、環境破壊や、過疎化や、共同体の解体などいろんな意味で危機的状況にあって、そういうところでは、文化は、民族や国家のアイデンティティなどというところの問題にすらならない。むしろ、この地域で自分たちがどう生きていくか、どう生き延びていくかを考えるための財産として文化はむしろある。例えば、祭りが観光資源化されるなら、それはそれで彼らが生きていくための文化の活用である。

 だが、そのことを無条件に喜ぶことも出来ない。観光資源化されることで逆に失われ
ものもある。だからこそ、本質的なところは守りつつ、時代の流れに合わせて変化させていくというしたたかさが必要だということだろう。

 一方で文化は呪縛でもある。呪縛から解き放たれるということも、またあり得ることなのだ。例えば雲南のワ族は首狩りをやっていた。この首狩りは豊穣予祝儀礼だから、文化として大事なものだ。だが、一方で呪縛である。ワ族の人たちは首狩りを維持しつつ、首を狩られる恐怖に怯えて暮らしていた。毛沢東に首狩りを中止させられ、彼らはこれで安心して畑仕事から帰ることが出来たと語っていた。これも、また文化の側面である。

 文化は変わっていく。その変化の中の、そこにどっしりとある基層の文化を見据えていくことが、本を出す意義になり得る、ということだと思う。本になるかどうかはわからないが、とりあえず、何とかしたいなとは思っている。