明けましておめでとうございます2013/01/02 23:16

 明けましておめでとうございます。今年は良い年でありますよう。
 恒例なのだが、晦日から小さな子ども四人連れの家族が来ていて賑やかな正月であった。彼らが帰ってほっと一息ついたところだ。一日は、須玉に来ていた知り合いを訪ねて近くの建部神社に行く。この神社では、一日に甲州大和神楽が演じられるそうだ。知り合いがその神社の神主と懇意で、神殿にあがりいろろいと話を聞いた。その話がなかなか面白かった。祖父から神官の心得を徹底したたたき込まれたこと、國學院大学での修行の話から、古事記や日本書紀の話、礼儀作法のことまで話は展開し、九〇分の講義と同じ時間学生のように拝聴した。小さな神社だが神主ともども興味が湧いた。来年の正月には神楽を見に行くつもり。なお知り合いは、神社や寺に奉納された村人の手になる俳句の額を研究していて建部神社にも立派な額があるので、それを見せてもらう縁で神主と知り合いになったということらしい。

 帰り須玉から小淵沢に行く途中に「舟形神社」がありお参りする。ここも小さな神社でやはり正月には神楽をやるらしい。アプローチがとても雰囲気がある(写真)。ちなみに、建部神社の祭神はヤマトタケル、舟形神社の祭神はタケミナカタである。何故「船形」という名前かはわからなかったが、建部神社の神主の話だと、この辺りは海人族に関わる地名が多い。「船形神社」もそうだろうということだ。神社では村人が御神酒を振る舞ってくれお札をくれた。

 昨年もばたばたと忙しく過ぎた年だったが、今年はどうなることやら。かなり論文も書いているのでそろそろまとめなきゃと思いつつ正月を迎えるのが数年続いたが、今年は何とかしなきゃと思っている。

 ただ、勤め先の短大の定員割れに直面し、何か打つ手がないかなどといろいろ考える年になりそうだ。私一人でがんばってもどうなることでもないことはわかっているが、多くの教員の生活もかかっていることだし、時代のどうしようもない流れに逆らうことかもしれないが、できることはやっておきたい。就職進路課の課長の話によるとまだわが学科の就職率は他短大からくらべればダントツにいいそうだ(青短もダントツだそうだが)。それだけ全国の短大は就職に悪戦苦闘しているということだ。その影響は、わが短大にももろに押し寄せているのである。

 去年助手さんの力を借りてかなり就職支援の活動をした。キャリア教育の先生に言わせれば就活は「気合いだ!」だそうだ。その気合いをいれ、情報を提供し、孤独にならない工夫をあれこれとやり、おかげで前年よりも10パーセントも就職率が上がった。大手の企業の内定も何人かとれた。だがそれでも、内定のとれない学生、就活をあきらめている学生がまだまだいる。あと三ヶ月で、学生たちを何とか就職させて社会に送り出さなければならない。この成果が、次の年度の学生募集に直接影響を与えることになる。長年教員をやっているが、こんなにも学生の就職について真剣に考えた年はなかったように思う。

 特に文系の学問は就職に直接役立つものではないが、それでも、関係ないと言うわけには行かない。就職に役立つ知識も「知」であって、文学や哲学の知と基本的に変わりはしない。一人の学生の一年先、五年先、十年先の人生を考えることに関わらない知は空疎な知である。その意味では、今、われわれが教える、あるいは自分の学問の根拠としている知が空疎になるかどうか試されているとも言える。

 就活に必要なのは、生きることに前向きな姿勢と注意深さと、そして人と関わろうとする積極性である。性格の問題ではない。性格がどうであろうと、このように行動しなければならない。この姿勢は演技でも良いのだ。人は働かねば生きていけない、という厳然たる原理を引き受けるためのこれは姿勢なのでもある。知とは、こういう原理にさらされるところで、その強靱さが試されるのかもしれない。

 正月休みに読んだ本にネイティブ・アメリカンの口承史『一万年の旅路』がある。アジア大陸からベーリング海を渡ってアメリカ東海岸にたどり着くまでの、一万年にわたる共同体の旅の伝承を綴ったものだが、どこまでが正確な記憶なのかは置いておくとして、このイロコイ族は、困難に直面すると会議をひらき、伝承された歴史を歌い、そこに蓄積された知恵を会議に反映させる。つまり、その口承の史は、彼らが生き延びるための原理に絶えずさらされていて、その繰りかえしのなかで、彼らは未来を決めていく。興味深いのは、例えば道が二つに別れていて、どっちに行くか意見が二つに分かれたら、その二つの意見を尊重し、部族を二つに別けてそれぞれの道を行かせることだ。こういうやり方が随所に見られる。つまり、判断が付かない場合、部族の全滅を免れるために、あえて一つだけの道を選択しないという知恵である。そういう判断があったことや、結果としてどうなったかということが何度も語られる。

 知が生存の原理にさらされるということはこういうのを言うのだろう。今、日本のたくさんの知識人が語る「知」、は、日本人の生存の原理にさらされている。格差社会、原発問題、貧困、社会保障と、この問題から免れる学問など、今の日本にあり得ないように、就活問題で日々苦闘する、われわれの学問もまた生存の原理から免れることはないのだ。

 学校で教えている様々な学問が、ネイティブ・アメリカンの口承史のように、必死で就活をしている学生たちに知恵を授け得るものになっているのかどうか。ますます試されている気がしているのだ。
 
                         行く年来る年生きる知恵はあるや

焼け跡リセット2013/01/18 00:46

 しばらくぶりのブログである。忙しかったのはいつも通りだが、何と言っても寒くて参った。今のマンションに引っ越して来てこんなに寒いのは始めてである。あまり暖房を重視した部屋になっていないので、今年の冬の寒さはけっこうこたえた。山小屋の方が暖かい。山小屋は暖房しないと死ぬから石油ストーブや薪ストーブを備えているが、マンションは電気の暖房が主で、エアコンの暖房はあまり効率が良くない。ということもあって、夜パソコンに向かう気がしなくて、ついブログを書く余裕がなくなってしまった。

 書評の原稿も何とか書き終えたので、少し余裕が出来たというところだ。授業の方も14回目を終え、あとは、試験のみである。ただ、これからは入試や採点で忙しくはなるが。

 NHKの特集で「ダイオウイカ」を追いかけその姿を始めて撮影したという番組を見た。そのダイオウイカの姿に感動してしまった。撮影されたダイオウイカは3メートルほどらしいが、巨大なものは10メートル以上あるという。ライトに照らされた姿には充分な威厳があった。深さ千メートルの真っ暗な深海に一人漂う巨大なイカ、というだけで一つの物語である。「ダイオウイカは知らないでしょう」という本があったのを思い出した。西加奈子とせきしろとの短歌集だ。歌集というより、自由律の短詩集といったほうがいいが、この二人ダイオウイカの映像を見ただろうか。

 月曜に降った雪が凍り付き外を歩くのが大変である。今朝も、奥さんが犬の散歩の途中、知り合いの散歩仲間の奥さんが雪道で転倒し脳震盪を起こして救急車を呼んだということだ。学校へ行くと教員の一人が腕を吊っていた。やはり転倒したらしい。私も気をつけなくては。

 久しぶりにDVDを何本か借りてきたが、そのうちの一本が「マーガレット・サッチャー」である。メリル・ストリープのメイクがすごい。本物より本物らしい。映画そのものはまあまあだが、今の日本と重ねてつい見てしまった。安倍首相がやろとうしているのはこのサッチャーがやったことである。分配より成長をというサッチャーの改革は成功したと言われているが、その成功も持続しているとは思えない。日本はどうなるのか。

 アベノミクスに対して、ある評論家が経済破綻の可能性はあるが、やってみる価値はある。そして仮に経済破綻しても日本には「焼け跡リセット」の経験があるから何とかなるというようなことを書いていた。この「焼け跡リセット」という言葉が面白かった。

 敗戦後焼け野原になった日本はまさに驚異的に立ち直ってきた。それを「焼け跡リセット」というのだろう。焼け跡から20年経って、日本は高度成長のただ中にあった。リセットは上手くいったわけだ。バブル崩壊以降失われた20年と言われるが、いまだに立ち直れていない。リセット出来ていないからである。というより、戦後高度成長と同じ成長を期待するリセット方式にこだわりすぎて、結果的にリセットに失敗しているのである。

 財政破綻のリセットは犠牲が大きすぎて嫌だが、やはり何らかのリセットは必要では無いか。大震災も考えようではリセットのチャンスだった。が、あれだけ叫んだ「絆」も作れていないようだし、復興特需の公共事業に建設関係の人たちが潤っているだけである。

 革命もリセットであるが、今の革命は原理主義になってしまう。原理主義的リセットは嫌だ、とすれば、大災害リセットということになるのか。それも嫌だ、とすれば、穏やかなリセットをみんなで考えるしかない。とりあえず、みんなで、想像力の世界で今を「焼け跡」とみなすということだろう。そうみなしたとき、どうやって助け合えばいいのかいろんな知恵が湧いてくる。

 いやこれは想像の問題では無いかも知れない。年金ももらえず、生活保護もなく、という状況にならないという保証はない。アベノミクスが失敗して案外「焼け跡リセット」は現実になるかも知れないのである。それはそれでチャンスだと思うしかない。成長路線とは違う、みんなが生き残るための相互互助的なコミュニティが作れたら「焼け跡リセット」もそう悪くはないなと思うのである。

アニミズムを感じる歳2013/01/24 01:17

1月ももう終わろうとしている。この寒さ早く終わりにして欲しいが、あまり早く時間が過ぎるのも困る。油断をするとあっという間に月が変わる。年のせいで日々の生活を記憶にとどめる事もなくなったせいか、時の経つのはいつもあっという間だ。教員でなければすでに定年でリタイアする年齢だが、まだ忙しく働いている。やることがたくさんあるので時間をもてあますことはないが、仕事と仕事の合間にふと、過ぎゆく時間に感傷的になるのは、それなりの年老い方をしているということか。そういう自覚は無いのだが。

 齢を重ねると自然的なものにへの思い入れが強くなるのだろうか。私は上田正昭の「私の日本古代文学史」の書評を書くに当たって著作集や他の単行本などに目を通して見たのだが、上田正昭は、最近、「死を見つめて生きる」(角川選書)という本を出している。また鎮守の森について何冊か本を出している。実は来年度から「環境文化論」という講義をすることになっていて、参考になりそうだと早速購入した。

 上田史学は実は日本の神社信仰をかなり論じていて、アニミズムへのこだわりが強い。歴史観そのものは、アジアとの関わりの中で日本の歴史が決定されていくとし、制度としての天皇制の成立をアジアとの関係の中で自らを中華と認識する天武持統朝に求める。例えば日本書紀雄略7年に「新羅中国につかへず」という記述があるが、この「中国」は日本のことを指すという。つまり、日本は、新羅を見下して、自分を「中国」と称したのである。本家の「中国」の向こうを張って日本もまた「中国」と名乗り、中華たらんとしたのである。この関係は現代とちっとも変わらないというのが上田史学の立場だ。これはある意味リベラルな歴史観とも言うべきものだが、一方で、天皇制の背後にアニミズムがあるように、上田史学にはそのリベラルな歴史観の向こうにアニミズムを抱えているのである。

 年をとると、見えない世界への親近感がわく。そのことはよくわかる気がする。特にアニミズムは超越的な世界を身近に感じさせるための思考だから、死を身近に感じ始める年齢になると、意識するしないにかかわらず、わたしたちはどこかアニミズム的な感性が身内にあることを感じとるのだろう。わたしはまだそこまでの年ではないと思うが、それでも分かる気はするのである。

 「環境文化論」はどんなふうに進めていくか実は悩んでいる。一応、神社論でやろうかなと思っている、神社の空間は環境そのものを信仰の対象とするところがある。伊勢神宮や諏訪大社などを見ればわかる。祭祀も含めて環境をどのように文化的に(幻想化して)取り込んできたのか、それを考えることになるだろう。実は私の学生時代の師匠は平野仁啓で、まさにそういう研究をしていた。やはり師の影響は抜きがたくあるのだなあと最近感じるのである。

            吾も犬も寒雨に打たれ坂下る