そろそろ読書にブレーキをかけなくては2012/09/03 00:56

 遂に九月に入りそれなりにのんびりともしていられなくなった。金曜には校務で出校。土曜は学会でまた出校。会場がわが大学なので私が行かざるをえない。学会例会の発表は、私より年上の研究者。アマテラスを中心でありながら周縁的(多義的)だとするとらえ方で、実にたくさんの資料でそのことを語る。

 中心性とは律令国家成立によってアマテラスが国家の先祖神として象徴化されたことをいう。一方で、多義性というのは、例えば近親相姦的な物語のつきまとう斎宮などとかかわるアマテラスの問題。私は意地悪く、中心性と多義性が同時に成立するのは論理矛盾ではないか、と質問した。質問の意図は批判にあるのではなく、その面白いアマテラスのとらえかたを、中心と周縁という概念で説明は出来ない、それでは論理矛盾になるから、別の説明原理を考えた方が面白い、ということを言いたかった。

 結局、最近の古代研究は、律令国家成立という視点から神々の体系が確立したと説く見方と、それ以前からの土着の多義的な神々の延長に古事記の神々をとらえる読み方と二つあるが、両方とも間違いではなく、問題はそれらを繋ぐ論理をどう作るか、ということにある。律令というシステムや中国帝国の観念の影響だけでも語れず、かといってアニミズム的な神々の延長でも語れない。それらを融合して成立する神々の像について、まだまだ説得力のある論が出て来ているとは言えない。これは、天皇や律令国家そのもののあり方にもかかわるだろうし、大きな問題でもある。そういう意味では、いろいろと発展可能な問題を抱えた発表で面白かった。

 今日、何とか論文を一本仕上げる。まだ完成形ではないが、とりあえず、何とか一つは形にした。9月末にあと一本書き、10月に一本、11月に一本と毎月一本のペースで論文を書かなきゃならない。

 古本市の為の読書もまあまあすすんでいる。前回のブログのあとからこれまで読んだ本。ジェラルディン・ブルックス『古書の来歴』上・下巻(RHブックス)、伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』(東京創元社)、舞城王太郎『短編五芒星』(講談社)、湯本香樹実『岸辺の旅』(文春文庫)、高村薫『リヴィエラを撃て』上・下巻(新潮文庫)。

『古書の来歴』は★★★★(おすすめ)だが、好き嫌いはあるかも知れない。実際に現存する中世のユダヤの祈禱書をめぐる物語。主人公はサラエボで発見された本の鑑定を依頼された古書鑑定家だが、物語はこの本の製作や装丁に関わった様々な時代を巡る。この種の物語の構成ははじめてで、その点は新鮮みがあった。しかし、やたらに人が死ぬ。キリスト教、ユダヤ教、そしてイスラム教となんて血生臭いのか。それが印象的。好き嫌いはその血生臭さを受け入られるかどうかにある。

 伊坂幸太郎『夜の国りクーパー』は★★★★。伊坂の本あまり面白いと思ったことはないのだが、この本は意外と面白かった。スイフトの風刺小説を上手く翻案した小説というところだ。この本はネタが命なので、内容には触れない。最初何処へすすむのかいらいらするが、最後まで読み切ると面白い。『短編五芒星』は★★★(まあまあ)。五本の短編がみな芥川候補作と帯にあるが、ほんとうだろうか。芥川賞も変わったなあと思う。面白い短編が2本、面白くないのが3本。私に意外と受けたのが「バーベル・ザ・バーバリアン」。いわゆるポップ小説というものだが、このセンスは悪くはない。

 『岸別の旅』は★★★。死んだ夫が妻のところに戻ってくる。その夫が死んでから帰ってくるまでの旅路を、その夫と妻が旅する話で、死者と生者の境界のない今流行の設定。最近刺激的な物語ばかり読んでいるので、こういうじっくりと生きることの意味を描こうとする小説を読むと、正直いらつく。が、がまんして読むとこういうゆつたりとした小説のペースになじんできてそれなりに心地よくなる。ただ、それだけのことで、なんとなく中途半端さが残る読後感であった。『リヴィエラを撃て』は★★★。四つあげてもいいが、最後読むのに疲れてきて、もういいやと言う気持ちにさせたので★三つだ。イギリス、アイルランド、アメリカ、日本の情報機関との「リヴィエラ」という謎の人物を巡る諜報合戦の物語。芯の物語に主人公であるIRAの若きテロリストの悲しい運命と恋とが描かれる。外国人が書いたのではないかと思わせる外国の描写やテロの場面はすごい。ストーリーの緻密さも半端ではない。が、この半端ではない作り事への執拗な執着が欠点にもなっている。同じ話を何度も繰り返し読まされている気がしてしまう。あんたの力量はわかったから、先へ早く進んでくれと、何度も言いたくなった。でも、面白いことは面白い。

 そろそろこの読書もブレーキをかけ無ければならなくなった。が、多少中毒になっているところもある。困ったものである。

芥川賞の作品を読む2012/09/10 00:34

 NHKの特番、復興予算がどう使われているかという番組を見ていたらさすがに腹が立ってきた。われわれの増税で作られた19兆もの復興予算が、結局復興とは関係のない公共事業のような予算に大分回されている。被災者のための予算なのに簡単には被災者に予算が届かない仕組みがこの国にはある。官僚や政治家や利権にかかわるものたちが、復興のためと称して予算をどんどんかすめ取っていく。選挙が近いらしいが、こういう構造を何とかする選挙にしないとこの国はどんどん駄目になっていく。民主党も、事業仕分けでこういう構造に切り込んだのに、結局何も出来ないのだろうか。

 この一週間の読書。むろん古本市のための読書である。鹿島田真希『冥土めぐり』(河出書房新社)、西村賢太『苦役列車』(新潮文庫)、中野美代子『カスティリオーネの庭』(講談社文庫)、近藤文恵『カナリヤは眠れない』(祥伝社文庫)、冲方丁『天地明察』上下巻(角川文庫)、黒野伸一『限界集落株式会社』(小学館)。

 今回は芥川賞の作品を二冊読む。『冥土めぐり』は★★★。やや期待外れ。小説のねらいはよくわかる。普通ではない母と弟を背負い込んだ主人公が、脳に障害を負った夫によって救われていく、という物語だが、物語に入り込めないのは文体のせいと、異常な母や弟の描き方に無理がある。こういう人たち確かにいそうだが、この小説のなかではそのように思えない。細かな点だが、母もとスチュワーデスとある。私見だが、ここで描かれている異常な性格ではスチュワーデスという職業は無理だろうと思う。いささか無理な設定でもその無理を感じさせないほどの文章の迫力はなかった。

 西村賢太『苦役列車』は★★★★。これは予想より面白かった。底辺層にいて、劣等感のかたまりで、時々自虐的で、しかし、生きることへの執着は失わない、という古典的なテーマを見事に描いている。ドストエフスキーの『地下生活者の手記』もこんな感じの情けない生が描かれていたと思い出したくらい、普遍的に人間を描いている。微妙に主人公に距離をとる語り手もいい。読むのが辛い小説なのに、あまりに情けなくてつい笑っちゃうという、その距離感は、「私小説」という語り口をスタイルにしているからだろう。

 中野美代子の小説は私のやや趣味的読書。小説てとしては★★★。おすすめほどではないが面白かった。清朝、乾隆帝の時代、皇帝お抱えの西洋人画家カスティリオーネの話。カスティリオーネは皇帝から噴水のある西洋庭園を作るよう命じられる。清朝のキリスト教布教やその弾圧の様子がよくわかる。教養書として読めば★★★★か。

 『カナリヤは眠れない』は★★。期待外れ。元気が出ます、というキャッチコピーのようには元気にならなかった。主人公の整体師の出番が少な過ぎるし、悩んでいる客の悩みに共感出来ないというのもある。『天地明察』は★★★。映画化もあって今宣伝中の本だが、期待した割りにはのれなかった。これは主人公の職業そのものにも原因があろう。碁や天文が職業だが、その職業の話を中心にしてわくわくさせる物語にするにはなかなか難しい。必ずしも成功していない。後半の、挫折し、立ち直って偉業を果たすところの展開がばたばたしすぎで、速読しているような気持ちになる。前半のようにじっくり書き込めばまた違った読後感だったように思える。

 『限界集落株式会社』は★★★。題材が面白くけっこう期待したのだが、物語的にはまだまだ。老人達がもっと活躍するのか、と思ったら、結局、ばりばりのエリートや村を担う若手が過疎の農業をどう再生していくか、という、成功物語とそれにまつわる恋愛の話になってしまった。成功物語は、「プロフェッショナル」や「カンブリア宮殿」といったテレビ番組を見ているようで面白いが、それ以外の人間模様はありきたり。が、日本を元気にしていくのは、こういう地域の活性化であることには違いない。

スケッチオブミャークに涙する2012/09/21 00:33

 今週から後期が始まるが、九月締め切りの原稿を二本何とか書き終えた。締め切り前だが、民俗学関係の研究会で発表めいたことをしなくてはならないことがあって、その準備もあり何とか早めに書き終えた。それから、今年はあと二本の原稿を書かなきゃならない。その準備も忙しい。いつものことだが、どうなることやらである。

 昨日、かつての教え子から、東京都写真美術館で「スケッチオブミャーク」という宮古島の古謡や神謡を題材にしたドキュメンタリー映画に誘われたので観にいった。宮古島狩俣のウヤガンを見に行ったのはもう何年前のことだろうか。その映像が出て来たので懐かしかった。もう20年近く経つのではないか。宮古の年老いた歌い手たちが民謡や神歌を歌う様子の映像が流れる。みんないい顔をしている。いつもそう思う。観ていて何か涙が出て来た。

 見終わって教え子たちとエビスで飲み会。彼女たちもう三十代である。先生変化が止まりましたねと言われる。ある次期まではどんどん老化していたが、最近老化が止まったらしい(見た目の問題)。つまり、もう立派な老人ということか。本人、まだそうは思ってないのだが。

 古本市のための読書はもはや中毒になっていて、忙しくても止められない。ほとんどスキャン読書だが、何とか続けている。読んだ本、伊藤計劃・円城塔『屍者の帝国』(河出書房新社)、山田悠介『種のキモチ』(文芸社)、T・R・スミス『チャイルド44』上下巻(新潮文庫)、三浦しをん『神去なあなあ日常』(徳間文庫)、サラ・パレツキー『ブラックリスト』(早川書房)、桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』(創元推理文庫)である。

 『屍者の帝国』は★★☆。今回から0.5ポイントは☆にした。これ新聞でとりあげられていて結構期待したんだが、面白くなかった。19世紀の時代設定。フランケンシュタインによる人造人間製造以来、各国ともゾンビを人為的に作りだしてロボットのようにこきつかっていた。アイデアは見事だとは思うが、やたら哲学的な会話があったりして、読者に何を提供しようとしているのか、いまいちよくわからない小説だった。

 『種のキモチ』はホラー小説。★★★。植物化した可哀相な人間の話だが、あっというまに読める。文庫になってから読めばよかった。単行本だが活字が少なくてすかすかな本である。紙がもったいないという感じ。『チャイルド44』は2009年「このミステリーがすごい第一位」だそうだ。★★★☆。スターリン政権下での連続殺人鬼と、その殺人鬼を追うソ連の諜報機関員の話しだが、追いつめるはずの主人公がソ連の諜報機関から逆に追いつめられる、という複雑な展開で、最後まではらはらさせる展開で、疲れる。面白かったが、さすがに続編は読む気がしない。自由のない国での探偵小説は、とにかく、窒息感が半端ではない。探偵小説はやはり自由がある社会でのものであって欲しい。

 『神去なあなあ日常』★★★☆。神奈川の高校生がいきなり三重県の林業組合に就職し、そこで林業を仕込まれながら成長していく、というおきまりの話しだが、軽いノリで書かれているので面白かった。ちょっと乗りすぎたろうというストーリー展開もあるが、目の付け所は悪くない。ちなみに、三浦しをんは現代の日本をよく観察して、斜陽になりつつあるところを探し出して元気づけようとしているように思う。この小説は典型的にそうだ。
 
サラ・パレツキー『ブラックリスト』はたまたま大分前に買ってあった文庫で、今回古本市の読書のために読んだ。読まないと古本にならないので。評価は★★★。懐かしい、久しぶりの女探偵ウォーショースキーである。とにかく長かった。主人公は、廃墟になった邸宅に人が出入りしているので調べて欲しいと頼まれ。その邸宅の池からジャーナリストの水死体を発見する。その発見から、その水死体を殺めた犯人にたどりつくまで七百頁かかっている。その間、若い時にアメリカの赤狩りに翻弄された老人達の話しがえんえんと続く。これにはさすがに疲れた。『赤朽葉家の伝説』も大分前に買い積んであった本。★★★☆。けっこう面白かった。GOSIKしか知らないがこういう本も書くんですね。ライトノベルと本格的な長編小説とごたまぜになっているところがあって、その案配がけっこう面白かった。この多少の荒唐無稽さがないと、おどろおどろしい物語になりそうである。

学内のSNSに参加2012/09/28 01:27

 授業が始まり、ようやく本来の仕事のペースに戻った。学科長としての会議もたっぷりである。先週の金曜日に代々木上原にクラシックの室内楽演奏を聴きに行った。知り合いの音楽家からの誘いで、二度目である。モーツァルトの弦楽五重奏曲4番ト短調などの曲を聴く。最近、身を削って本ばかり読んでいるので、たまにはこういう時間もいい。この曲何度も聴いた曲だが、手元になかったので、早速成城学園前でCDを買った。

 今日は読書室委員の人たちに集まってもらっていろいろ分担を決めた。それから学内専用のソーシャルネットワークがあって、そこに読書室のコミュニティがある。私は参加していなかったのだが、今回アカウントをもらって参加した。学生達もほとんど参加していない。私は挨拶代わりに、古本市のための読書として、この間、ずっと読んできた本の書評を掲載した。コミュニティに参加した学生が読んでくれればいいなと思ってである。

 ところが、今日の短大教授会で、隣に座った学長に、帰り際に古本市の書評読んでますよ、とささやかれた。驚いた。冷や汗が出た。そうか学内のSNSだから学長も読むのだ、と改めて納得。余計なことを書かなくて良かったと安堵した。

 この間読んだ本は以下の通りである。
 辻村深月『ツナグ』(新潮文庫)、百田尚樹『永遠の0』(講談社文庫)、磯前健一郎『終の住処』(新潮文庫)、荻原規子『空色勾玉』(徳間文庫)、島田雅彦『カオスの娘』(集英社文庫)、矢月秀作『もぐら 乱』(中公文庫)。

『ツナグ』★★★☆。死者と生者をつなぐ話しで、ほんとに最近この手の小説が多い。何故だろうか。それをかんがえるだけで論文が一本書けそう。「ツナグ」とはいわゆるイタコのようなシャーマンのことで、希望する死者に一度だけ会えるように設定する者のこと。イタコの語りは、死者の生者への未練や上手く生きられなかったことの教訓を述べることであるが、その語りだけで小説が書ける。それくらい、そこにはドラマがあるということだ。この小説、それほど深いとは思わないが、巧みなにストーリー構成で、確かに読ませるところがある。映画化決定とある。映画向きかも知れない。

『永遠の0』は★★★★。キャッチコピーが、読むと慟哭するなんて書いてあるから読むのを避けていた。こういうのに弱いのである。が、そう簡単には泣かんぞと決意して読んでみた。が、やっぱり最後は泣けてきた。感情移入すれば泣かざるを得ないように書いてある。困った小説である。特攻隊ものは悲劇で泣かせるに決まっている。国のために死ぬことを美化するのは好きではないから、あんまり読む気がしなかった本であるが、さすがに、絶対に死ぬな、と国の特攻方針に徹底して逆らった戦闘機乗りを設定したことで、そのように読まれることを回避している。そこに感心をした。

 『終の住処』★★★★。さすが芥川賞である。互いにほとんど話しをしない不思議な夫婦の物語を夫の立場から綴っていく。日常の風景や生活が描かれているのに、読者をとてもシュールな世界に誘っていく。ほとんど、文体と描写の妙だけで、読者を引っ張り込む。こういうのをやはり純文学と言うんだろうなあ、と感心。最近あまりこういうのを読まなくなったので、久しぶりな感がある。うちの奥さんとも一歩間違えればこんなになるんだろうか、などとあらぬことを考える。聞けば、奥さんもこの本買って読んでいたらしい。あまり考えないことにする。

 『空色勾玉』★★★☆。前から読まなきゃと思っていたので、この勢いを借りて読んでみた。まあまあと言ったところ。荻原さんとは以前私の学科長室でお逢いしたことがある。三浦氏とのシンポジウムがあって、私の部屋が準備室だった。小柄なとても感じの良い女性であった。解説が中沢新一である。これには驚いた。西洋ファンタジーの真似ではなく、日本の神話を題材に日本のファンタジー小説を確立した小説と褒めている。そう言われればそういう気がする。

 『カオスの娘』★★★☆。けっこう面白かった。シャーマン探偵であるナルヒコシリーズの第一作。以前に読んだ『英雄はそこにいる』はこのシリーズものの一つである。島田雅彦がシャーマニズムをよく勉強していることがよくわかる。ナルヒコがシャーマンになる通過儀礼のところは、エリアーデの「シャーマニズム論」を下敷きにしているだろう。教養教育で「シャーマニズム」をテーマに授業を行っている私としては、シャーマニズムの解説書のように読めてしまう。授業に使えるかなと思ったが、女子大生向きではない。女子高生が監禁され奴隷にされそして殺人者になる、なんていうすさまじい内容が出てくるのだ。『もぐら 乱』は典型的なハードボイルド。★★★。サラリーマンが通勤の途中に読むのに適した本である。アウトローが活躍する警察もの。中国マフィアの殺し屋とアウトロー警官との戦い。殺し屋に殺された警官が50人。いくら何でもそれは殺しすぎだろう。要するに荒唐無稽ですかっとします。