ドンキホーテ2010/06/03 00:30

 忙しさは相変わらずで、ブログを書く暇もない。今日は鳩山首相の辞任のニュースが飛び込んできた。ある意味では当然だろうが、よく考えると何でやめるのかわからないところもある。結局、実現の見込みもプロセスもあまり考えずに理想論ばかり言って、にっちもさっちもいかなくて詰め腹を切らされたというところだろう。

 沖縄の基地問題は日本の戦後が残した課題であり、だれかが手をつけなければずっと先送りされる問題だ。政権が今まで解決に向けて積極的でなかったのは、解決が簡単でないことがわかっているからで、独裁的と言われた小泉首相でさえ積極的に解決をはかろうとしなかった。

 そのことに疑問を投げかけ私が解決すると宣言した首相に、結局だめだったのだから責任とれというのは何となくすっきりしない。これが通るのなら、これから解決が困難だと思われる問題には誰も首をつっこまないだろうし、結局現状維持が常に賢明な選択になってしまう。時には、後先考えずに、これ解決しますと無謀に宣言する首相がいてもいいのではないか。周囲は振り回されるにしても、そういうことがなければ、誰もやっかいな問題にほおかむりして、問題は常に先送りになるだけだ。

 鳩山首相は沖縄の人たちに期待を抱かせたからよくないというのも、沖縄の人には失礼な話だ。沖縄の人は期待を抱いてはいけない(どうせ解決できないのだから)というのだろうか。そんな馬鹿な話もないだろう。期待を抱かせたら必ず実現しなきゃいけないというのはわからないではないが、実現が無理な話については期待を抱かせることを言うな、というのは、見下したような言い方である。振り回された沖縄の人たちは大変だったろうし、途中で辞めるな、もっとぼろぼろになるまで努力して辞めろ、といいたいだろう。その意味でも、今辞めるのは、逃げた、といわれても仕方がない。 

 リーダーとしての資質や資格がないという意見はわからないではないが、この八方ふさがりの基地問題を解決できるリーダーの資格とはどういう資格だろう。誰が首相になっても解決できないことは、誰もがわかっていることだ。それこそ、小泉首相以上のヒットラーのような独裁者じゃないとだめだ、ということになるだけではないのか。

 結局、日本人の誰もが解決できないいらいらする問題を蒸し返され、蒸し返した張本人である鳩山首相をスケープゴートにして責任をとらせたというところなのではないか。選挙のこととか民主党にもいろいろ事情はあるようだが、責任とるなら、この問題を先送りにしてなるべく見ないようにしてきたほとんどの日本人に責任があるのは明らかなのだから、鳩山首相は、自分は、現実を直視せず利己主義的にふるまう戦後の日本人の代表として責任をとります、というくらいのことをどうどうと言うべきだろう。そのくらいのことを言わないと、哀れなドンキホーテで終わってしまう。私は麻生首相のあっけらかんとしたところも嫌いではなかったが、鳩山首相のドンキホーテぶりも嫌いではない。平野官房長官のサンチョパンサぶりもなかなか似合っていた。

 米軍が沖縄に基地をおくのは、日本の軍備増強を監視し軍事大国になるのをふせぐためだという説がある。つまり、米軍が沖縄の基地を撤退し日本の基地を縮小すると、中国や北朝鮮が日本を警戒し、東アジアは不安定になる、という考え方だ。

 つまり、米軍の撤退を望むということは、軍事力の増強によってでなく、平和の理念と外交力によって国家の自立を図る、というかなりの覚悟が必要である。米軍の代わりに日本の軍事力を増強する、ということならば何の問題解決にもならない。そういう覚悟が日本人にあるのか、と自問すれば、たぶんないということは明らかだ。あれば、そういった理想をずっと唱えている社民党があれだけ弱小政党であるはずがない。外交で世界と渡り合う自信など無い。軍事力は必要だが、かといって軍事大国にはなりたくない。平和国家を標榜する心地よさを失いたくない。アメリカ軍がいるから嫌なことは彼らに任せればいいではないか、というのがたぶん大方の本音である。

 日本人のおおかたがそういう考えである以上、沖縄の基地問題は解決しない。社民党が政権与党にならない限り、この問題は解決しないということだ。多くの日本人が社民党に投票する日はくるのだろうか。わからないが可能性がないわけではないだろう。私は別に社民党を応援しているわけではないが、そういう日が来るのも悪くはないと思う。たぶん、経済はめちゃめちゃになるだろうが、日本人がみなドンキホーテになるのもいいではないか。 
六月やサンチョパンサと立ち往生

なんとかなるさ2010/06/10 23:49

このブログもしばらくぶりたが、毎日けっこう忙しい。今日は会議で7時近くまでかかった。火曜は一限からの授業だが6時半から会議が入り、終わったのが8時過ぎである。こんな調子で相変わらず会議が多い。6月は何しろ、休みがないし、学会と研究会で土曜は全部つぶれ、しかも、原稿と授業の準備で、さすがに日々をこなすだけで精一杯というところだ。

 来週は、授業の父母参観という週で、実は、教員も他の教員の授業を参観していいことになっている。私は、FD委員なので、他の教員の授業を見なきゃいけない立場である。むろん、私の授業も人に見られるわけで、だいたい、10人も満たない授業ばかりだから、そこで居眠りされたら、さすがにみっともないので、来週はそれなりにがんばらなきゃということだ。

 中国のT先生とメールのやりとりしながら、夏の雲南でのシンポジウムの計画を詰めている最中で、何とか具体的になってきた。それにしても、ほんとにメールでやりとり出来るので楽になった。10年前は、電話や手紙だが、何しろ中国語はてんでだめだから、なかなか通じず、いろいろ大変だった。IT革命はその点、ほんとに世界を狭くしたと思う。この間など、中国のT先生の教え子の大学院生に雲南で聞き取り調査を手伝ってもらったが、そのときの写真をメールで送って欲しいと言ってきた。就職に際して業績資料として使いたいという。早速送ったが、写真もこのようにメールで送れるのである。

 中国のシンポジウムで何を発表するのか悩んでいるところである。たぶんみなさん悩んでいるのではないか。「兄妹始祖神話」で何か発表しなけりゃならないのだ。なにしろ、国際シンポジウムで、中国、韓国、欧米からも研究者が来る。いい加減な発表は出来ないし、かといって、アイデアを出すのは難しい。悩んだすえ、出雲神話のオオナムヂとスセリビメの結婚とスサノオからの試練の話と、イザナミイザナキの結婚の話とを比較することにした。実は、イザナキ・イザナミは兄妹始祖神話である。一方、オオナムチの話は、いわゆる天人女房型の始祖神話と言っていい。少数民族の神話では、洪水神話がその前にある。イザナキ・イザナミ神話は高天原神話だが、スサノオの試練を受けて娘と結婚するオオナムチの話は出雲神話である。両方とも、始祖神話と見なすことができるが、何故、高天原は兄妹始祖神話で、出雲神話は天人女房型なのか、というのがテーマである。

 今のところここまでである。答えは一応考えてはあるが、披露する程のものではない。中国で恥をかかないようにこれから練り上げていかなければならない。

 今日の教授会で、来年の学生募集をどうするかでいろいろ議論があった。今年定員割れをしてしまったわが学科では、何とかしなきゃとあせっている人もいる。例えば、教員も営業努力をするべきだという意見も出た。が、私などは、そんなにあせっても仕方がないという立場だ。教員の営業努力などたかがしれている。授業をしっかりやって、教育の質を高めて学生の満足度を上げ、評判をよくすることが何よりの対策だ。それで駄目だったら、何をやってもだめである。そのときは、そのときである。まあなんとかなるさ、である。

                          6月の雨が降るなり耳の中

ついサッカーを見てしまう2010/06/16 10:36

 今週は授業の父母参観の週で、教員の参観もある。私は他の教員の参観が義務づけられていて、いくつか見てまわった。先生にとっては歓迎されない人もいるだろうが、こっちも仕事なので見ざるを得ない。他学部では、教員全員に参観することを義務づけたという。私の学科はそこまではしないが、いずれそうなるだろう。

 教室に入る時には気が引けるが、なかに入って聞き始めると、不思議に引き込まれる。学生時代を思い起こすというのもあるが、こういうやり方をやっているのだという同業者ならではの興味もある。小説家であるM先生の創作の授業を覗いたが、同じテーマで、日記、エッセイ、小説とかき分けるということをやっていた。自分がどういう書き方に適しているか、見極めさせる方法だという。書いて見ませんかとすすめられたが、断って教室を出た。

 特に私の学科の授業を中心に見て歩いた。学科長をしていたころの癖で、やはり、どんな授業をしているのか気になるのである。一部しかみていないが、みんな熱心で、わたしなどより授業がうまい。特に、授業中、学生との距離をなくそうとけっこう工夫している。授業の準備もしっかりとしている。私ももっとやり方を工夫しないといけないなあと反省することばかりである。

 今週は、課外講習で万葉集の講座があり、その予習でかなり時間を取られている。普通の授業の倍の準備時間をかけている。というのも、歌の解釈鑑賞が中心だから、諸説や資料の下調べが必須だからだ。受講者は23名で、ほとんどが私と同年代。みなさん熱心である。さすがに手を抜けない。ただ、万葉集は私の本業なのだが、正課の授業では持っていない。いろいろ事情があって、私は正課では専門の授業を持つ余裕がないのである。だから、民俗学の授業を持っている。事情というのは、一つには、日本文学の受講者が少なくなってきているのに、教員の数は少なくない、という事情のことである。これはどこの大学でも同じことで、とすると、文学以外の科目を担当できる器用なものが文学以外の授業をどうしても持つようになる。私がそうだというわけだ。

 そういうわけで、課外講習は、私にとって専門の授業が出来、しかも、万葉集を丁寧に読んでいくという私にとっての勉強の機会でもある。いやがうえにも力が入るのだ。おかげさまでこの講座三年目だが、リピーターがほとんどで、毎年受講してくれている。ありがたいことである。巻1の最初から読み始めて三年目に巻3に入ったばかりだ。終わるまでには10年以上はかかりそうなのだが、何人が残っているだろうか。みんなけっこう年配だし。

 今度の土曜日に学会の大会があり、その準備がある。7月に締め切りの原稿があることを忘れていて、それを知ってから、また気が重くなった。つい夜にワールドカップのサッカーを見てしまう。これが良くない。つい夢中になってみてしまう。いつも思うが、サッカーのゴールは、必然と偶然の実に巧みな組み合わせだなと思う。本田のゴールだって、左足で止めたボールが右膝に偶然に当たらなかったら無かったゴールだ。だからはらはらするのだろう。睡眠時間がすくなくなるが、やはりどうしても見てしまう。

                    六月や天を仰ぎしストライカー

トラブル続きの大会2010/06/20 00:56

 今日はアジア民族文化学会の大会が開かれ、私は準備もあって早くに出校。運営委員会や資料の準備など、いつもながら事務局は忙しい。

 発表者は、いずれもパソコンで映像を流すという。ところが、発表直前になって、パソコンから映像がプロジェクターに流れない。接続は間違っていないのだが、何が原因かわからない。あれこれいじっているうちに映像が映し出されて何とか解決。これでまず最初の発表時間が20分遅れた。

 ところが、次のMさんの発表のときに、Mさんが写真をプロジェクター画面に映したいと言う。聞いていたが、会場の教室には書画を映し出す措置がなかった。あると思いこんいでいたのが間違いだった。それで、急遽、二つ隣りの教室に会場を変更。授業のないときなので助かった。その発表もまた10分ほど遅れた。そのつぎの発表もパソコンで映像を流すのだが、これもどうしても映像データがプロジェクターに流れない。原因がわからず、とりあえず、発表を続けてもらい、そのうしろで機器をいじってみた。学校の機器の係を呼んでみたがわからないという。それでコードが原因かもしれないとコードを代えた。そうしていじっていたら、突然映像が流れた。発表が終わる前で、何とか間に合った。いまだになんで映像が流れなかったのか原因がわからない。それにしても、冷や汗ものの大会であった。

 K氏の発表はプイ族の歌の掛け合いで、一人の歌が時には30分近くにもなるという掛け合いである。さすがにフリーリズムに近く、音数律も決まっていない。つまり、全体として決まった定型があるわけではない。時間は短くも長くもなる。歌うべき内容はだいたいは決まっていて、部分、部分は適宜言葉を換えていく。その意味で、即興なのだが、即興でないとも言える。私が調査している白族の歌は、ひとりの歌の一回の長さは一分くらいである。それと比べると、いかに長いかがわかる。

 K氏は文化人類学を専門としているので、掛け合いを、コミュニケーションの方法の問題として研究している。例えば、言語学等で会話においてどのように相手に言葉を返していっているか、そこにある法則を見つける、といった研究があるが、そのような方法で歌の掛け合いをとらえる、ということであるらしい。それなら、私もやっているよ、と思ったが、そうか文化人類学的なことを私はやっていたのだと、思った次第である。

 家に帰ったのが11時、日本オランダ戦が終わっていた。日本は1-0で負けたが、がんばったほうなのではないか。デンマークに勝てば何とか一次リーグ突破だろうがどうなるのだろう。カメルーン戦に予想外に勝利したために、日本人ほとんどが、希望を持ってしまった。でも韓国のように何十万人がパブリックビューに集まるというほどでもない。マスコミの盛り上がりは商売だが、日本人は盛り上がっているのだろうか。日本オランダ戦の最中、私は電車に乗っていたが、サッカーの話はどこからも聞こえてこなかったし、あまり感心なさそうという感じだった。まあ、盛り上がってるところでは盛り上がってるのだろうが。
                     
             梅雨になりじっと動かぬものの如

久しぶりの絶叫コンサート2010/06/23 10:22

 昨日は夕方知人と吉祥寺で待ち合わせ、福島泰樹の絶叫コンサートへ行ってきた。 立松和平追悼コンサートと銘打たれ三日間連続のコンサートである。私は招待状をもらっているので、時間があればいこうと思っていたが、会議がなかったのと、知人が誘ってくれたということもあって出かけることにした。

 絶叫コンサートも久しぶりである。追悼コンサートということもあってか、後ろのバンドも往年のメンバーが全員揃っていて、なかなか充実したコンサートだった。福島はもう30年も、短歌や詩の朗唱というより謡いを繰り返し演じてきている。会場は満員だったが、常連がたぶん半数以上いるだろう。私もそうだ。みんなすでに何度も同じ曲を朗読を聞いている。一曲終わると会場から、よし!とかけ声がかかる。こうなると、もう歌舞伎みたいなもので、伝統芸の域に達している。

 会場では、福島さんのところの短歌会の人たちと久しぶりに顔を合わせた。ずっと顔を出していなかったので、来て良かったなと思う。ここんところ、原稿書きと雑務と授業の準備とで、正直、きりぎりで生きている感じだっので、少し気分転換になったのではと思う。終わってから吉祥寺で知人と酒を少し飲んで、12時に帰宅。こんなに遅く帰ることも久しぶりである。

 今かかえている雑務の一つに、某予備校で制作した文章表現のDVDとテキストを観たり読んだりしている。勤め先で、入学前教育というものをやらざるをえなくなり、どういうものがいいか、いろいろと企画を立てているのだが、その一つが、予備校で制作した文章表現のDVDとテキストというわけだ。今、予備校も生き残りをかけて必死である。大学教育向けに、様々な商品を開発していて、例えば大学に入学予定の学生で基礎学力不足の学生に対する補習教育を予備校がになっているのだが、このDVDもそういつたものである。

 文章表現は、私もかつて予備校時代に参考書をつくったこともあり、勤め先でも基礎ゼミのテキストとして、レポートの書き方を書いている。本来は教員がやらなければならないのだが、とてもじゃないがそんな余裕がないのが正直なところだ。正課のなかでならやれるが、入学前の補習教育までは手が回らない。そこで、どの大学でもそうだが、予備校に丸投げして担ってもらおうと言うことになる。

 ざっと観てみたが、良いとはいえないが、それほど悪くもない。文章表現の授業やテキストなんてだいたいこんなもので、講義で文章がうまくなるものではない。添削して書き直させるのが一番効果的なので、文章表現教育とは、要するに手間暇かけるしかないのである。四回の添削があるので、システムとしてもまあまあかなと思う、ネックは、費用がかかること。今のところ、希望者のみで、学生負担という仕組みの商品なので、これでいいのかどうかこれから議論しなければならないだろう。

 DVDをみていたら知人が出てきた。そうか彼はまだこの予備校でがんばっていたんだ。看板講師だからな、と納得。彼ばかりではないが、DVDに出てくる講師たちの話はやはりプロであるから聞かせる。私も予備校で鍛えられてかつてはこのくらい面白く話が出来たのだが、最近、だめになったなあと痛感。久しぶりに予備校講師の講義を聴いて昔の自分を思い出したのであった。  

    万緑や死者の声する詩を聴く

夏風邪を引いたようだ…2010/06/30 22:53

 どうも夏風邪を引いたらしい。仕事が忙しく、それにワールドカップのサッカーで寝不足気味。さらに、会議で長時間クーラーで冷やされたのがいけなかった。かといって、休んでいられる状態でもない。いつも忙しいが、最近は、かなり来ている。ブログを書く暇もない。

 先週の土曜日は、フェリス女学院大学に学会の研究発表大会。相鉄線の緑園都市で降りる。成城学園前からは相模大野で江ノ島方面に乗り換え、湘南駅で乗り換える。割と早かった。8本の発表かあり、委員なので全部聞いた。最近、古代関係の学会に出なくなったので、こういう研究発表はけっこう新鮮だった。若手の発表も聞けて良かったが、昔と違って、みんな方法的な冒険をしなくなったな、というのが印象。恐らく、方法的な冒険そのものが最近は流行らなくなってきたというとなのかもしれない。

 今古橋さんの『日本文学の流れ』を詠んでいるのだが、とてもシンプルに文学史をおさえようとしていて、なかなか面白い。どちらかというと評論と言ってよいが、一貫しているのは、文体の問題と、文学はいつの時代にも何を描こうとしているのか、という問いで、結局、文学史ではなく、古橋文学論になっているところが、面白い。

 この本私の周囲ではあまり評判が良くない。たぶん、古橋さんへの期待が、この本では満足できないということなのだろう。かつて先鋭な方法論によって研究をリードした古橋さんのイメージをまだみんな持っているようだ。だが、よく聞くと、批判する人はちゃんと読んでいない。全部読まなくてもわかるという言い方である。が、やはり読んでみないと、全体に一貫して流れている古橋流文学観を味わえない。例えば、文体は常に新しい時代では口語をめざすが、次第に文語体になってしまう。そういうような論理構成を使っている。これはなかなか面白いとらえ方だと思う。
  
 その意味では、こちらが方法的な何かを考える上でのヒントがけっこう隠されている本である。本人がどこまで自覚的かどうかはわからない。それこそ口語的な文体で書かれた文学論だが、私などは口語的であることで逆にヒントめいた余剰の言い方が溢れるのだと思っている。つまり、方法論ではなくて、自分の文体を一つの方法として文学史を語り出したということである。こういう語り方は、やはり、それなりの老成が必要で、古橋さんもその域に入ったということかもしれない。それにしても、こういう本を刺激的に読むことの出来る若手の研究者がいて欲しいものである。
 
 ついでに、日本対パラグアイの試合はPK戦まで全部見たが、PKは残酷なゲームである。誰かがミスをすれば決着という戦い方で、ミスをするまで続けるのだから、必ず犠牲者が出る。今回はその犠牲者が駒野だったわけである。この試合、日本は負けてもよく頑張ったとみんなから誉めてもらえるが、パラグアイが負けたら、たぶん選手は国に帰ってぼこぼこにされるだろう。その差がやはり出たのではないか。

 それから感じるのは南米の選手のボールを扱ううまさである。日本の選手はとうていかなわない。日本が上回っていたのはよく走ることくらいだ。ここまで来るとこれは文化の問題なのだとさえ思われる。野球で日本の文化を語れるが、サッカーではまだであろう。サッカーで日本人論が語れるようになったら、日本はかなり強くなるのではないか。

                        夏の夜に重荷背負いて球を蹴る