クリスマスか2007/12/24 00:16

 昨日、今日と原稿書きである。何とか20枚程度は書いたのだが、あまり気に入らない。もともと今年の学会での発表の原稿を基にしたもので、その発表自体、理屈っぽいものだつたので、原稿化するとやはり、思いつき的な要素がかなり表に出てしまう。

 こういう場合、問題意識の面白さで勝負するしかない。面白さに自信はあるのだが、この歳になってまだ面白さで論文書いているようじゃだめだなあと思うこともある。面白さで勝負するのは若さの特権であって、私の歳になるとそろそろ発想の面白さではなく、論の背後の思想や世界観の魅力で人を惹きつけないと、みっともないのではないかとも思う。

 世界観はあることはある。がまだ上手くことばに出来るほどでないのは、ひとえに忙しさのせいだと思っている。思想や世界観を鍛えるのは、それこそ思索の時間をたっぷり取らなければ無理だ。走りながらできるものでもない。ここ数年は無理だろう。でも、あきらめはしない。そのうち、きっと仕事が暇になる。勤め先が潰れるなんてことはないだろうが、とにかく、もう自分の研究をしなさいと、神様が時間をくれるに違いない。その時がくることを楽しみに待つことにする。

 今日は友人宅に餅つきに行く予定だったが、天気が悪いということで中止にした。その分原稿は進んだが、体調は疲れが出たせいかあまり良くはない。明日24日に山小屋に行くことした。原稿は向こうで仕上げて送ればいいだろう。

 明日はクリスマスのようだ。最近は自宅近くの家でもイルミネーション電飾を飾る家が多くなった。電気代はかかるだろうが、こういう楽しみ方は悪くはないなと思う。それは家族がうまくやっていることの証でもあるから、なんとなく明るくていい。私など、子供の時からクリスマスも誕生日も、そういう家庭行事とは無縁で育ってきたから、ある意味で羨ましくさえ思う。そういう行事をやらなかったのは、家族の複雑さもあったが貧乏だったからだ。

 柳田国男は家族は宗教コミュニティのようなものだと言う。家族をつなぐものは、先祖という神を信仰することにあるからだ。つまり、家族の繋がりを保証するのはまつりごとなのである。クリスマスの習慣も、先祖をまつらなくなった日本の家庭で、このまつりごとの記憶が一瞬よみがえる貴重な祝い事の機会なのかもしれない。クリスマスは、数少ない日本の家族の晴の儀礼だということか。   

         クリスマスアジアの果てで栄えけり

冬休み2007/12/25 22:59

 24日から山小屋に来ている。ただ、この二日間は某学会の機関誌の原稿書きである。さすがに寒い。薪ストーブの薪が足らないので、時々薪割りをしながら、原稿書きである。今日(25日)は一日曇りだったが、八ヶ岳はやけにくっきりみえて不思議な光景であった。

 原稿は直し直ししながら何とか書き終えて、今日、出版社へメールで直接送る。締め切りがだいぶ過ぎたので、学会誌の編集担当に送っても間に合わないだろうと、出版社へ送ったのだが、すぐに、出版社の方から、私の勤め先の学科長室に電話が入って、助手さんから私に至急出版社へ電話を入れるようにメールがきた。

 なんだろうと電話をすると、学会誌を出すというような連絡はまだ何も入っていないのですが、ということである。ええーっ、そんな馬鹿な。いつもなら初稿校正が出ている時期なのに、こんな調子だと今年度中に学会誌が出なくなる。どうなっているんだと、いろいろ聞いたら事情がわかってきた。まず、出版社側の昔からの担当者が退社したので、出版社の方で、もうそろそろ原稿を入れないとやばいのですが、と会誌の発行についてこちらに問い合わせをする人がいなかったのだ。

 それから、学会側の編集担当も慣れていなくて、細かなスケジュールがよく飲み込めていなかった。本当は、私がいろいろと教えなければならなかったのだが、つい忙しさに紛れて、しかも私自身原稿を書いていなかったので、何とかなるだろうとほうっておいたのがまずかった。しかも、まだ原稿を書いていない人が何人かいるので(私もそうだが)、編集担当は原稿が揃うまで、出版社に連絡しなかったらしい。

 メールや携帯でやりとりをした結果、何とか今日中には全体の原稿が出版社に渡ったようだ。よかったよかった。それにしても、こんな山の上でもあちこちと連絡が出来る最近の情報ツールはたいしたものだ。でも考えようによっては、こんな山の上でも仕事は追いかけてくるということである。

 原稿の内容は抒情のことばの言語主体についての考察である。かなり難しい。要点をかいつまんで言えば、抒情の言語主体は、言葉を伝える、表現するという行為に伴う負荷を免れている、という趣旨である。その負荷を負うのはことば自体である。これだけだと何のことかわからないだろう。私は当然わかっているのだが、私の論を読む人がどこまでわかってくれるか、それはわからない。こういう論を書きながら、もっと論理を鍛えなければといつも思う。まだまだ勉強が足りない。 

 仕事を終えてほっとしたので温泉にでも行こうと、夕方石遊(いしやす)の湯に行く。この温泉はとてもあたたまる。5時半頃行ったが、誰もいない。久しぶりに温泉を満喫して来た。

                  神さまが見かねてくれた冬休み

スキーに行く2007/12/27 23:06

 昨日(26日)は、久しぶりに車山スキー場にスキーをしに行く。去年やった記憶がないから数年ぶりだ。スキーをやるためにここに山小屋を作ったのだが、ほとんどやる暇がない。別荘地内の定住者の人に誘われたというわけである。ここでの生活は長いので、知り合いが多い。時々遊びに誘われる。

 ちょうど原稿を書き終わったところなので、身体慣らしに行くことにした。身体はまだスキーを覚えていて、一回滑ると身体が自然に反応する。滑っている時は持ちがよかった。明日は体中が痛いだろうなあ、と思ったが、案の定今日は体中が痛い。さすがに、この歳でいきなりスキーをやるのは無理がある。

 スキー場はがらがらである。これじゃ潰れるなあと思う。少子化でスキー人口が減ったということもあろうが、格差社会で金のない若者が増えたのも一因だろう。車はいるし、リフト代も高い。だからスキー場も中高年を呼び込もうと必死で、マスター割引というのがあって、50歳以上はリフトの一日券が安くなるサービスをしていた。

 車山の頂上は、天候がよくて見晴らしが抜群であった。下界は雲海で、遠くに富士山が見える。このスキー場は、ほとんど人口雪で、アイスバーンも多くいいスキー場ではないが、山小屋から近いのと、晴れの日が多く、頂上からの見晴らしは抜群なので、時々利用する。かつては一人であちこちのスキー場に出かけたものだが、もうそういう元気はなくなった。

 今日は筋肉痛の身体を抱えて、今年贈呈された歌集の礼状を書こうと何冊かを拾い読みする。礼状だから中身を読まなくても書けるが、やはり少しは読んで感想の一言という気持ちになる。だから、読んでからと思うので送っていただいたときに礼状を書きぞひれてしまう。この数日で礼状を書いて、それから年賀状を書いて、今年も終わりである。

 午後、霧ヶ峰農場に一人で住むHさんを訪ねる。ムッキーという犬が居るのだが、もう老衰でほとんど死にかかっている。16歳か17歳にはなるだろうか。犬としては長生きである。それにしても、このあたりの犬は、冬の厳寒の夜、屋外で丸まって寝る。よく凍死しないと感心するが、本来はそういうものなのだ。ムッキーもずっと外で飼われていて長生きをした。うちのナナは家の中で大事に育てたが、ムッキーのようには長生き出来なかった。

 Hさんと温泉に行き、Hさん宅で鍋の夕食を食べ、夜帰る。ここのところ、あちこちの温泉に入っている。毎日リハビリの日々である。

霜柱踏みし音のみ溶け残る

年賀状を書く2007/12/30 01:29

 今年は何本の論文を書いたろうか。思い出せないくらい書いた気がする。8本は書いたのではないか。原稿用紙にして、300枚ぐらい書いていると思う、恐らく、こんな年ははじめてである。

 どうして今年にこんなに集中したのかわからないが、めぐりあわせというのが一番当たっているだろう。それにしてもよくこの一年乗り切ったものである。われながら感心する。学科長としての仕事も忙しかった。半端ではなかった。学科長の仕事はあと2年続く。どうなることか。

 昨日から6冊の歌集を読み、感想を一言したためて礼状をはがきに書いて出した。そして、いよいよ年賀状の印刷である。写真はことしの春日若宮おん祭の湯立てを使うことにした。枚数は100枚を越える。何でこんなに多いのか。毎年大変なのだが、年賀状でしかあえない人もいる。特に教え子達からは、年賀状で、結婚したとか、子どもが生まれたとか、子どもが大きくなったとかの知らせが来る。そういう知らせを失うのは寂しい。というわけで私の年賀状の枚数は少しも減らないのである。

 今年の政治への感想。安倍政権が倒れて福田政権になって、世の中少しは良くなったのではないか。アメリカもそうだが、ナショナリズムやキリスト教の教条主義による政治のもつうさんくささが見えるようになったことは、今年の収穫だったろう。小泉以来の民営化論議や競争原理導入は大筋では正しいにしても、一部の特権的な利益享受層を安定させ、多くの中流層を解体する結果になったことは、結局、民営化による利益の再分配システムそのものが格差を生む体質にあることを露呈した。この再分配システムを変革しない限り、いくら民営化を推進し競争させても、膨大なワーキングプアを生むだけだ。このことも見えてきたことではなかったか。

 公的な存在であろうとすることは、競争原理のただ中にあることから身を離すことである。世の中をよくしたいとか、人のために働きたいという者は、競争原理で人に勝ち抜くことに懸命にはならない。最近の保守主義は、競争原理と公的な意識とを接合させようといろいろ無理なことをやってきた。ナショナリズムを権威化したのもそうである。が、それは最初から無理だったのだ。競争原理を徹底させる市場原理の持つ過酷さに、ナショナリズムの如き理念が太刀打ち出来るはずがない。ナショナリズムそのものであった国の防衛のトップが競争原理の罠にはまって、身を破滅させたことがそのことをよくあらわしている。

 中国政府だって、今、マルクス主義では競争原理の持つ毒に太刀打ち出来なくて儒教を再興しようとしているのである。

 ここ数年、私は、競争原理のただ中でどう勝ち抜くかばかり考えてきた。そうしなければ、私の勤め先は潰れかねなかったからである。そうであるからなのか、公的な存在たろうとする意識や思想をあまり持たなかった。むしろ、私は、競争原理に勝ち抜くことは、少なくとも私の職場のものたちのためになることであって、それで充分ではないかと思ってきた。むろん、どんな仕事であれ、つまり利益追求の仕事であれ、そこに大勢の人間の生活がある限りは、人のために生きたり、ささやかな範囲ではあるが世の中のために生きることは出来る。それでいいのではないかと思ってきたし今でもそう思っている。

 つまり、ことさら、公的な存在たろうとすることに過剰な価値を置くことは余計なことだということだ。むしろ、競争原理を相対化するのは、その競争原理のなかで利益追求でない生き方を実践しているたくさんの人たちの懸命な生き方なのだということである。ナショナリズムや儒教といった、外側の理念を持ち込んでどうにかなるという問題ではない。

 福田首相のいいところはそういう理念を声高に言いそうにないところである。

       餅を搗く家族のように声笑う

大晦日2007/12/31 21:01

 昨日今日とけっこう雪が降って、ようやく山の冬らしい景色になってきた。いよいよ大晦日で2007年も過ぎていく。ほんとに一年はあっという間だ。

 とにかく目がまわるような一年だったことは確かだ。原稿を書き、会議に出て、授業の準備をし、通勤で疲れ、というように一年が過ぎた。中国の調査は3月と8月に二度行った。それなりに仕事はしている。岩波「文学」での座談会を4回ほど行ったが、座談会をこんなにやったのは初めてで、今となっては楽しい思い出である。

 少なくとも私の健康を除いては何とかうまくのりきった一年であった。懸案だった研究仲間のE君の就職が決まったことも今年のうれしいニュースである。しかも、わたしの勤め先(といっても4大ですが)に決まったことはありがたいことであった。また旧知のEさんを嘱託教員という身分であるが我が学科にお迎え出来ることになったこともうれしいことである。

 私が学科長をしている学科で受験生がかなり集まっているのもうれしいことである。ここ数年様々な改革をやってきたことがそれなりに成果を上げてきたということだろう。おかげで私の仕事量はかなり増えたが、これも仕方がないことだ。わたしが忙しければ、それなりに人の役には立っているということだから、まあボランティアだと思ってやっていくしかない。

 私の研究生活はせいぜいあと10年というところだろう。それまで私の身体が持てばだが。この10年で何が出来るかだが、そろそろいろんなことに手を出すことを止めて、今でやってきたことのまとめにかからなくてはと思う。とすればまとめの時間を如何に作るかだが、来年は時間の使い方にもっと厳しくならなければ。例えば、こういうブログを書くこともセーブしなくてはと思うが、これもこれでけっこうストレス解消で役だっているので、続けようとは思うが。

 まとめるなんて考えること自体柄ではないかも知れない。死ぬまで興味あることを追求していてばったり…というのが理想かも。まとめるのは必要と思った誰かがやればいいので、必要が無ければそのままでいいのである。大工はたくさんの家を建てるが、まとめだといって家を建てるわけではない。そういうのでいいのではないかとも思う。ただ、自分の仕事の普遍性とはどういうものなのか、それをすっきりさせたいという願望は常にある。
せめて、その願望をかなえる努力はしなければとは思う。それが一番難しく大変なのだが。

とういうわけで、みなさんよいお年を。

                      大晦日右往左往の日々惜しむ