仕事は楽しく2007/02/01 00:20

 今日は出校して雑務。仕事はちゃんとあるからたいしたものだ。明日からは、成績を付けなきゃいけないので、家で仕事をすると言っておいて、帰る。まあ山小屋にでもこもってみんなの成績をつけよう。卒論の副査になっていて7・8本の卒論も読まなきゃいけない。

 短大生の卒論だが、中にはたいしたものもある。読むのはたいへんだけれど、面白い卒論に当たると楽しくなる。竹取物語を書いた卒論で、かぐや姫の犯したタブーというのは、もの思ひをしたからではないかという趣旨を述べているのを読んだ。そうかそれは思いつかなかった。不老不死の天上界では「もの思ひ」はタブーなのかも知れない。なぜなら、それは死に結びつくし、地上界での人間の反応であるからだ。

 今叙情について考えているので参考になった。学生の卒論からも学ぶことは多いのだ。叙情は神の側から見れば罪なのである。そう考えることも出来るのだ。が、ものを思わない神なんているだろうか。そう考えることも出来る。もの思う神とはどういうことなのか、それを考えるのも面白そうだ。

 これから2ヶ月、ヤマトタケルと万葉集について勉強しなきゃいけない。ヤマトタケル論の締め切りは3月末だが、3月後半には中国に行くので、中旬には仕上げないと。帰ってきたら、万葉や和歌についての発表があり、そして白族の歌垣についての原稿を4月始めに書かなきゃいけない。ちなみにこのようにスケジュールを公開するのは、自分にプレッシャーをかけるためです。

 私はまっとうな研究者でないので、こつこつと一つのことを研究し資料をたくさん抱えていて、その蓄積の上に研究したことを少しずつ論にしていくというプロセスは苦手である。私は興味を抱いた分野はみな専門だと思っている。おおまかだが、だいたいの目論見があって、資料を調べ、それを論理にしていくというプロセスを取る。目論見通りに資料が見つからないときにはやはりあせる。が、あるある大事典のように捏造するわけにはいかない。でも、苦しめば何とかなるものでそうやっていつも切りぬけてきた。

 資料やアイデアががないからといって、盗用したり捏造するのがよくわからない。明治の助教授はほとんど盗用だったというが、それなら書かなければいいのではないかと思う。私の知りあいの研究者には論文を書かない人はたくさんいる。それでも何とかやっている。

 仕事は楽しくが私の主義である。捏造や盗用などというのは楽しくない。そんなことをするなら仕事を変えた方がよい。それが楽しい人は論外だが。

      鬼やらふがこちら振り向き笑ひたり

      寒木瓜や隠れて子猫眠りいる

凍て返る寒さ2007/02/02 01:17

 山に来たらさすがに寒い。昼でも気温は零度以下になっていた。午後についたが、すぐに学校から連絡があって、電話やメールでやりとりをする。相手は先生今文科長室ですかと言う。どうもいつものように仕事場で仕事しているように見られているらしい。

 仕事はどこにいても追いかけてくる。仕事が済んで近くの温泉に行った。暖まって帰ってきて、チビの散歩をしてまた身体が冷えてしまった。ストーブをがんがん焚くがなかなか部屋が暖まらない。しばらく人がいなかった家は冷え切っているのだ。

 食事が終わって、白州正子の見た日本というハイビジョンの特集を見ていたら、福島泰樹から電話。季刊『月光』に思想的な文章を書いてくれという。いやあ思想的な文章なんてとても、と断るが、とにかくちょっと堅めの評論を三週間で書いてくれと言う。枚数は何枚でもいいと言うが20枚以上は必要だろう。しばらく考えたが、何とか書きますと力なげに答えた。断れそうな雰囲気ではない。

 四月までに二本の原稿と、発表の準備とやらを抱え込んでまた評論書かなきゃいかんのか。大丈夫かいな。こうやっていつも忙しい。2月は睡眠時間短くなりそうだ。

 夜は学生の卒論と、西郷信綱の『古事記研究』を読む。外は満月の月が凍えんばかりに空にかかっている。こういう寒さはこの冬初めてではないか。明日も寒いという。

     満月も樹々も背中も凍て返る

卒論を読み終える2007/02/03 01:49

 卒論を七本読み、コメントを主査の先生に送る。これで仕事が一つ終わった。古事記が一本、竹取物語が一本、源氏物語が4本、枕草子が一本である。

 文科では卒論は選択科目なので、誰もが書くというわけではない。が、今年度は多いほうだったのではないか。文科では、来年度の新入生から、実は、卒業時に必修として8000字レポート(原稿用紙20枚分)を書かせるようにした。それをマニフェストとして入学案内パンフレットに載せた。少子化で短大に入る学生が減っている時期に何故、そんなことをしたのかというと、そういう時代だからこそ、きちんとした課題を与えるべきだと考えたからである。

 20枚のレポートは簡単には書けない。が、書くことが出来れば、ある程度、資料の調べ方や、書く力や、考える力はあると言える。そのあると言えることが大事なのだ。学生を製品にたとえると製品の質の保証ということになる。そういえば、柳沢大臣はこういうたとえを使って墓穴を掘った。人間を機会や製品にたとえてはいけない。ましてや、女性を産む機械なんて、ちょっとひどい。だから、学生を製品にたとえるのは撤回します。言いたいことは、うちの学生は最低これだけのことは出来ますよ、と社会に送り出したいということである。それが学生の自信にもつながればいい。

 全入の時代、誰でも入れる時代だからこそ、卒業時のハードルが重要になる。日本の大学もその意味では欧米並になってきたということだ。ただ通過するための大学なんて今の時代どこにもない。ただ、学生に来てもらわないと経営の立ちゆかない大学が、卒業時のハードルを高くするのは、一部の有名大学以外なかなか難しい。

 文科に学生が来てくれるのか不安はある。何とか来てくれるだろうとは思っている。そのためにいろんな努力をしている。私は、研究以外にこういう努力もしなきゃいけない。ひょっとすると研究よりもこっちの方が才能があったりして。

 今日は久しぶりの寒波で寒い一日だった。夜は満月が冴えている。鹿や狸や狐たちは森の中で月見をしているだろうか。

    月冴ゆる森の孤独を照らしたり

問題は複雑だ2007/02/04 00:58

 とてもいい天気で、家の中に閉じこもって採点やってる場合じゃないのだが。こんな日は近くのスキー場に行って一滑りといきたいところだが、そんな余裕はない。今年はまだスキーをしていない。まあ、歳も歳だから一滑りしたら2・3日は身体が動かなくなるだろう。それを考えると、今は我慢しよう。

 柳沢大臣の女性は産む機械発言が相変わらず世間を騒がせている。別にやめたから問題が解決するわけでないことは誰でもわかっている。やめさせないのなら、保育所の待機児童を今年中にゼロにするから勘弁して欲しい、くらい言わないとだめじゃないのか。結局、子育てに良い環境作りが出来ていないことが問題なので、その環境作りが何故出来ないのかというと、女性が家庭で子どもの面倒を見ればいいという発想がこの国の男の政治家にはまだあるからだろう。

 そうありたいのなら、共稼ぎをしないでも、3LDKくらいの家が持てて、子ども二人を大学までにやれる位の生活環境を、少なくとも、50パーセント以上の国民に保証しないと問題は解決しないはずだ。みんなが好きこのんで共稼ぎをしたいとは思ってはいない。働くのは女性でもいい。子育ては男がやってもいい。問題はどっちも子育ての余裕すら無いほど働かざるを得ないという現状にある。その意味では、現在の日本は富の再配分の仕組みに問題がある。給与をもっと上げて、生活水準の底上げをしないと、少子化はとまらないだろう。給与を上げられないのなら、子育てのコストを安くするような施策や、社会保障のインフラを充実させて安い給料でも子育てが可能にするしかない。

 もともと、男が労働して女性が家庭で子育てというのは、給与労働という形態が成立した近代以降の考え方である。日本に律令国家が成立したとき、租庸調という税金の制度を定めたが、調は地域の産物を納める物だった。その産物とは、海の産物などは鮑などで、陸では布や糸であった。実は、これらを生産していたのは女性であったと網野義彦は指摘している。鮑は海女が取っていたし、布を織るのは女性だった。

 江戸時代の農民も町民も、ほとんどの家では女性は様々な形で働いていたという。近代になって、役所や会社というものが成立し、給与労働になって、ようやく労働しなくてもいい女性が現れたというわけである。それなら、近代以前の女性は働きながら子育てをしていたことになり、もっと大変じゃないかということになる。確かに大変だったと思う。ただ、核家族ではなかったし、地域の共同体が機能して、子育てを助けていたという面もあろう。

 核家族化がすすみ、地域共同体が失われると、給与労働の夫を持つ女性は、その労働が、夫の世話、子どもを生むこと、子育てに限定されてくる。産む機械発言の女性像は、この家庭に閉じられてしまった近代以降の女性像のことと考えてよいであろう。

 柳田国男は『明治大正史世相篇』のなかで、大家族の中心である食事や火は本来男が管理していたのだが、近代化によって、それが女性の手に移り、そうやって家族が分裂していったと述べている。皮肉なことだが、女性を小さな家族に閉じこめたことは、家父長が管理する大きな家族の解体であり、それはある意味で女性の自由の獲得である。女性の社会進出だけが女性の自由をもたらしたわけでないことは確認しておく必要がある。が、同時に、そのことによって産業革命を体験した近代産業社会が押しつけた役割に女性が縛られることになったというわけだ。

 現在の高度資本主義社会が女性に押しつけているのは、第三次産業の生産を担う労働力のほかに、消費社会を支える人間の欲望を刺激する役割である。現代社会では美やエロスのイメージを女性は過度に負わなくてはならなくなっている。エステ産業はその意味で必需品である。とすれば、女性をいかに家庭に閉じこめないかが、現代産業構造がすすめる対女性戦略である。現代の産業構造は、女性に子どもを産んでもらっては困るのである。だが、そうすると少子化がすすみ、消費層の減少を招き産業そのものを衰退させてしまう。このジレンマに日本の社会は深刻にとらわれている。

 少子化は、われわれが依拠している産業構造が必然化しているという面がある。経済通として有名な柳沢大臣が、こんなにことに気づかないようでは情けない。この人は早く政治家を辞めた方がいい。

 それにしても問題は複雑だということがわかる。現代の産業構造に乗っかってしまう限り、女性の社会進出は女性の自由を保障しない。が家庭に入り子どもを産めばいいという話ではない。といって次の世代を切り捨てた上での個人の幸福追求はその個人を幸福にはしないだろう。公的にこうだという解決はないが、本当は誰もが生活の中で突き当たり悩みながら解決していく問題でもある。願わくば馬鹿な政治家がその邪魔をしないことだ。

      豆撒きの声が聞こえし路地の跡

パエリア2007/02/05 01:32


 昼に山小屋近くの知りあいの家でパエリアを作るというので馳走に呼ばれる。屋外で薪を焚きパエリア鍋を載せて煮る。空気は冷たいが良い天気で暖かく、ベランダでパエリアパーティとあいなった。なかなかおいしかった。知りあいは別荘地内の定住者である。私たちも此処に通うようになってから12年になる。ひょっとすると、川越よりもこっちの方が付き合いは多いのかも知れない。

 パエリアはスペインの海鮮風おじやというところだ。スペインのパエリア料理大会で優勝した人が川越にスペイン料理のレストランを開いていて、何度か行ったことがある。新しい店と古い店があって、新しい方はとても凝った店で、内装はほとんど自分たちで作ったという。ガウディ風のシュールなデザインの店である。古い店に、入り口に直径5メートルはありそうなパエリア鍋が立てかけてある。野外で実際にパエリアを作る時に使用した鍋だそうだ。

 夕方に山小屋を出て川越に向かう。高速道路はさすがに混んでいた。この時期日曜はスキー客で道路は渋滞する。それでも3時間ちょっとで家に着く。夜、万葉集の歌の、抒情的な表現に注意しながら読み始める。自分なりに抒情的な表現を解き明かしたいというのが今考えていることだ。それから、ヤマトタケルについての勉強も。こっちは頼まれた依頼原稿である。私は、古事記は上巻の神代ばかりをやってきたので、こういう機会に中巻を勉強することが出来てありがたい。

      爪切るも穏やかなり二月かな

トラップ一家の物語2007/02/06 01:19

 午前中に川越の診療所に行って、通風の薬をもらう。血圧を測ったがやや高め。薬を飲むほどではないが、血圧だけ見れば充分にメタボリックシンドロームである。今日は出校せずに一日家で仕事。

 「アジア民族文化研究」の活動報告を書き、西郷信綱『古事記研究』の「ヤマトタケル論」を読了。それから万葉集を読む。それから、あいた時間に少しずつ百田弥栄子『中国の伝承曼荼羅』を読み進めている。この本は案外に面白い。案外といったら百田さんに失礼か。

 中国の神話や昔話、伝説では、「オンドリ雷神」を核としながら、様々な動物が神の側の存在として登場し、実に豊かなバリエーションを形作る。そのような展開を「曼荼羅」と形容しているのだが、アジアにおける、自然と動物と人間のかかわりがとても面白い。鶏、烏、蛇、鼠、蛙といずれも神もしくは神の使いとして、あるいはトリックスターとして活躍する。いずれも、農耕に密接に関わる動物たちである。

 NHKで映画「サウンドオブミュージック」のモデルになった、トラップ一家のドキュメンタリーをやっていて思わず見てしまった。オーストリア時代、トラップ一家は結構ヨーロッパのあちこちでコンサートを開いて人気をはくしていた。年上の子はすでに結婚していて子どももいた。そこが映画とは違っていた。ナチスに反対した父に召集令状が来て、それからトラップ一家合唱隊がヒトラーの前で歌うように命令されていた。アメリカからコンサートの誘いがあったのを口実にアメリカに渡り事実上亡命したということだ。国を出るときは汽車でいったので、映画のように歩いてアルプス越えをしたわけじゃない。

 昔、アメリカでのトラップ一家の成功物語とも言うべき映画を観た記憶がある。聖歌やヨーロッパの歌ばかり歌うので最初は人気がなかったが、アメリカのポップスのような歌を歌うようになり人気が出てきたという筋立てだ。実際にそうだったらしい。「トラップ一家物語」なるTVアニメもあるらしいがこれは知らない。

 バーモント州に自分たちで家を建て、コンサート活動をしながら貧しい生活をしていたが、ナチスに反対して亡命した一家としてマスコミに注目され、有名になっていった。コンサート活動は20年間続いたという。母親マリアが自伝を出版し、それをもとにあの映画が作られたということだ。 

 今は92歳になった次女が語り手で、アコーディオンを弾いて歌を歌う。元気なおばあさんである。何故この番組を見てしまったのだろう。映画を懐かしく思い出したということもあるが、あの映画がそうだったように、どんな時代でも、とてもポジティブな物語があるのだということにちょっと感動したのかも知れない。
 
 みんな明るくて、歌が好きで、努力家で、助け合って、歴史に翻弄されてもそれでも何とか頑張って成功してと、これはやはり一つの理想なのだと思う。それが「サウンドオブミュージック」が世界中で観られている理由だろう。それが映画という物語ではなくて、実際にそうだったと語る語り手のその明るさに、ちょっと感動したというところか。

      物語する寒明けの夜涙ぐむ

歩留まりが…2007/02/07 23:58

  同業者はみな入試で忙しそうだ。まあ当たり前だが。私もご多分にもれず忙しい。昨日はホテルに泊まった。今日は朝8時30までに出校しなきゃならなかったので、とてもじゃないが朝早く起きる自信がなかったのである。T君のように朝6時に起きて大学に行くなんてことはまず無理だ。

 今日は入試で、明日明後日と、今度は、合格者を決める会議やら何やらでまた忙しい。短大は今厳しい。私の勤め先の短大だって同じだ。入試が多様化してきて、いわゆる一般試験の入試を受ける受験者が減ってきている。実際に一般試験を受ける受験者は、四大との併願が多い。最初から短大を目指す受験生は推薦入試を受ける。

 当然、四大が受かれば短大にはこない。そこが辛いところだ。だからそういう数を予想しながら合格者数を決める。その時、何割の受験生が実際に入るか、その割合を歩留まりと呼んでいる。この歩留まりを予測して合格者数をだすというわけだ。この歩留まりの予測がとても難しい。毎年同じとは限らないからだ。何処の大学でも悩んでいる。

 歩留まりを予測して出す合格者数が、実際の受験者数と同じかあるいはそれを上回る場合、本当の意味で全入となる。つまり全員合格で、こういう場合は偏差値はつかずFランクと呼ばれる。何処の短大でも大学でもそうならないように頑張っている。わが短大はまだそこまでは行っていないが、努力を怠れば分からない。世の中、安穏とはいかないものである。

 ホテルにパソコンを持ち込み、万葉集の歌などを打ちこんでいたら、色々と考えが浮かんできて眠れなくなってしまった。睡眠不足のまま、歩いて数分の学校へと出かけたが、そのせいか今日は朝からふらふらである。それでも、入試業務と、会議といろいろとこなした。さすがにくたくたである。 

   立春の風やコートの翻る

自分は見えない2007/02/09 00:22

 前日の「歩留まり」というのは私の言葉で一般的にこの業界で使われているのは定着率という言葉です。誤解があるといけないので訂正します。

 ということで今日も朝から夜まで入試業務。明日も朝早くから会議だ。家に帰ってきたのが9時過ぎていた。それから夕食。ほんのちょっと焼酎の水割りを飲む。ちょっとふらふらになって回復するのにだいたい2時間かかる。それから、また仕事である。

 この2時間がもったいないと思うが、これを無くしたらたぶん私は持たないだろう。学校でもだいたい休み無しに仕事している。昼食は、自然食品専門のローソンで弁当を買ってきて食べるのだが、弁当食べながら何か仕事している。たぶん、ぐだーっとしているのは、夕食後の2時間程度だ。こういう息抜きの時間は必要である。

 この時間にテレビをみながらぼんやりしている。10時からNHKでマサチューセッツ工科大学の教授でコンピューター研究者を紹介する「プロフェッショナル」という番組をやっていて、半分寝ながら見ていた。日本の社会で特に優れた才能の持ち主や成功者をゲストによんでその仕事ぶりを紹介する番組だ。以前やっていた「プロジェクトX」と似ているというか、その後継となる番組だろう。

 彼は大学院の教授をしていて何人かの大学院生の指導をしている。どうやら、大学院生は、斬新な研究テーマを出さないとそこから追い出されるらしく、必死になってアイデアを考えている。教授は、彼等に自分の体験を語りながら厳しくあたる。

 アイデアを出してもWHY?を連発し曖昧な答えを出すともう一度考え直せと突き放す。さすがに厳しい成果主義の中を生き抜いている現場の迫力が伝わってきた。アイデアをものにするためには哲学がないとだめだという言い方をしていた。他人の意見に耳を傾ける謙虚さも必要だと言っていた。なかなか耳の痛い言葉である。

 こういう厳しい研究環境はやはり必要なのだろうなとは思う。ただ、こういう環境を支えているのは、良いアイデアや成果に対しては、報酬や地位や職が保証されるというシステムだ。これがなければ、誰も厳しさを求めない。日本がそうだ。

 が、ここでWHY?だ。何故成果が必要なのだ。ただ成功したいためか。成功してどうしたいのか?社会に貢献したいということか?それじゃ貢献とはどういうことか? コンピューターに支配される社会を作ることか?等々、WHY?はたくさんあり、たぶんこの番組はこれに答えない。

大学院生のアイデアが、人のぬくもりをいかにコンピューターで実現するのか、という、コンピューター社会が失ったものを取り戻すようなテーマを出しているのが印象的だった。それが、哲学なのか、それとも、そこにこれからの社会のニーズがあると読んだのか。たぶん両方なのだろう。

 この教授も宮沢賢治の「永訣の朝」の生原稿を見て、その機械的でない字の感触をコンピューターに組み込んだことで成果を上げた。が、本人は、機械化された社会の最先端で自然とは切り離された生活を送っている。

 そこで、考えたことは、人は自分のことは見えないが人の欠点は良く見えるということ。実は、そこに人がアイデアを思いつく秘密がある。われわれは他者に何が欠けているかは良くわかる。が、自分に何が欠けているかは他者についてわかるようにはわからない。つまり、誰もが、そういう不完全さそのものであるということ。

 研究者というアイデアの機械になることは(産む機械ではありません)、そういうアンバランスで不安定な存在になりきることだ。文学系の研究の場合、他者とは自分のことでもある。とすれば、自分を見つめることは自分を見失うことだ。いずれにしろ健全ではない(健全という言葉も問題になった気がするが)。最近健全であろうとしている私が、いい研究者になれないのは、そういうことだったのだ。

      よろめきて他者の重さや春の風邪

勤勉が取得2007/02/10 01:19

 激務の入試期間が終わった。何とか無事にすんだ。志願者はやや減らしたけど、倍率が出る位の志願者は確保できている。ほっとしたというところか。

 とりあえず大きな山場は越えた。いよいよこれから自分の仕事をしなきゃいけない。実はこっちの方が激務である。学校の雑務はいわばルーティンワークだから、私でなければ出来ないという仕事ではない。が研究や論文を書く仕事は違う。私でなくてもよかったのではないか、などと思われるものを書いたらだめなのである。そういう研究者も多いし、私だって、たまにはそういうのを書くが、一応プライドというものがあって、なるべく、私なりの仕事をしようと思っている。だから、それなりのプレッシャーはあるわけである。

 アイデアの機械である研究者は自分を不安定にすると、昨日書いた。どういうことかというと、アイデアが産まれるには、そのアイデアが産まれるところの状況がそのアイデアを必然とするほどに危機的であることが一つの条件となる。安定した状況からはいいアイデアは産まれない。だから、アイデアを産む研究者は、その危機的状況を過度に負っていることがまた条件となる。アイデアを産む必然を持たなければアイデアは産まれないということ。

 だから、まずこの時点で研究者は不安定な存在になる。そのアイデアは研究者自身を含む社会の危機を解決するように働くもののはずである。そういう者であるからこそそのアイデアは評価される。だが、問題は、そのアイデアは、アイデアを生み出した研究者の危機を解決するようには働かない。なぜなら、研究者は、アイデアを生み出す状態に常に自分を置かなければならないからである。

 例えば厳しい競争社会で疲れた身体を癒す機械を作ったとして、その機械はその機械を生み出した研究者を決して癒さない。癒したら、それは研究者の生命そのものを奪うことになる。とすれば、研究者は、自らが抱えた危機を解決するアイデアを生み出しながらその解決の対象範囲から常に自分を除外し続ける存在なのである。

 こういうのを研究者の業とも言うが、たぶんに優れた研究者はこういう業をたくさん抱えている人だ。そういう点で私は優れた研究者ではない。生活者とは、アイデアの恩恵を受ける側である。それを生み出すためにその恩恵から自分を除外するものではない。私は生活者でありたいと願っているし、たぶんかなりの部分生活者である。

 業のない人間が研究するのは辛いことだ。アドレナリンがうまく出てこない。それでも何とか研究めいた仕事を続けているのは、まだ多少の危機感を抱えているのと、勤勉なせいだ。それもいつまで続くやらである。

      春時雨勤勉なわれら傘を差す

体力勝負…2007/02/11 01:48

 今週は入試業務でさすがに疲れました。今日一日、本を読んだり調べものをしようとしましたが、昼間本に向かうとすぐに眠くなってきてだめです。やっぱり、夜中にならないと本は読めないのか。それでつい寝るのが遅くなる。

 奥さんは風邪でダウン。私も疲れていて風邪が心配ですが、何とか無事です。今日は久しぶりにチビの散歩を朝夕とやりました。それにしても暖かい日です。新河岸側の土手を散歩しましたが、早春のようでした。

 鈴木日出男「万葉和歌の心物対応構造」を読む。この著名な論文を再読したが、やっぱりなかなか面白い。最近の私の関心は、何故和歌は、心情表現を表現の価値としていったのか、ということだが、「心物対応構造」はとりあえず一つの説明の論理ではある。

 が、どうして心と物象(自然)表現とが対応するのか、どうして心情表現に和歌は価値を見いだすのか、そこはこの論でも答えていない。このような問いを具体的な和歌の言葉の問題としてうまく説明出来ないか。今そのことに苦労している。なかなか難しい。その前に体力をつけなきゃ。とにかく体力勝負です。  

    早春や暦通りの律儀さよ

    犬吠ゆるも早春の道気持ちよし