冬枯れの季節2006/10/28 00:37

明日といっても今日だが、富士見コミュニティセンターで「縄文/文様」をめぐる学会と井戸尻考古館とのシンポジウム。それで山小屋にきている。昨日、信濃毎日新聞の記者から電話がかかってきた。シンポジウムについてのインタビューである。一応私が学会(アジア民族文化学会)代表なので。何でも新聞に載せてくれるそうである。たぶん28日の新聞に載るのではないかな。
 ADSLはつながっていた。どうやらNTTの接続ミスだったらしい。今までダイアルアップで接続していたから、やはり快適。費用はかかるが。
 今日は午前中に高田馬場の歯医者で治療。昼に学校に行き、編入の学生のための小論文指導。それが終わって、家に帰り、車で山小屋まで来た。紅葉は、今が見頃のところもあればもう終わりかけているところもある。
 もう冬枯れの季節だ。

     冬枯れに抗っている青年樹

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okanokabe.asablo.jp/blog/2006/10/28/577270/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。