他者を知ることが大事2006/10/20 01:02

 今日は来年度予算の説明会、そして授業。授業では雲南の少数民族文化を紹介している。「地域文化論」という授業だが、なかなか難しい授業だ。異文化を教えるということの意味が、実は、かなり難しい問題だからだ。異文化を学ぶという論理はたやすいし、あるいは日本文化との比較も面白い。が、比較してどうするのかと問われるととたんに答えられなくなる。

 異文化は優れているところもあるし欠点もある。日本の文化がそうであるようにだ。何故異文化を学ぶのか。そのことに普遍性があるからだという答えしかない。他者と出会うということは学ぶことでもある。相手がどんなに欠点をもとうともだ。まなぶことは相手を賞めることでもないし、けなすことでもない。強いて言えば、普遍的なレベルで、わたしたちとそうは違わないことや、あるいは違うことを「知る」ことだ。
 「知る」ことでわれわれはこの世界に深くかかわることが出来る。北朝鮮はわれわれから見れば欠点だらけの国だろうが、それでも、われわれと同じであったり違ったりしていることを「知る」ことが大事だ。

 だが一番やっかいなのは、経済的な格差に直面することである。異文化を論じるとき、この経済格差に対して、豊になるべきだという意見と、このままでいいという二つの意見に誰もが引き裂かれる。豊になれば固有の文化を失うからだ。
 豊かになって固有の文化を失わなければいいのだ。が、そうは上手くいかない。どうしたらいいのか、これは学生に考えてもらう。

 6時半から、森話社の大石さんと、中村生雄さんと、三浦佑之さんとで、供犠論研究会の論集発行の打ち合わせをする。家に帰ったのが12時。疲れた。
 とにかく他者を「知る」ことが大事なのだということで、生まれた句。


   今日からは他者(ひと)を愛せよ秋の暮れ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okanokabe.asablo.jp/blog/2006/10/20/567618/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。